横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
イベント
イベント情報 過去のイベント
展覧会関連企画ワークショップ講演会その他
<参加者募集中> 展覧会関連企画
福祉関連事業2019

「見えない人、見えにくい人も、谷内六郎作品を楽しもう!
第2回 視覚障害者のための出張鑑賞会in横須賀市点字図書館」


第1回出張鑑賞会の様子

昭和の懐かしい暮らしや、いきいきとした子ども達を描いた画家・谷内六郎。代表作として『週刊新潮』の表紙絵が知られていますが、1956(昭和31)年の雑誌創刊の頃から、26年間表紙をかざった原画の総数は、約1300点にのぼります。そのほぼ全てが横須賀美術館に収蔵されています。
横須賀美術館では、昨年、表紙絵の複製画を使った出張鑑賞会を横須賀市点字図書館と共同開催しました。今回はその第2回目として、1回目とは異なる作品を取り上げます。
音声ガイドや触図、茶話会を通して、谷内作品を楽しんでみませんか?

日時

2019年10月18日(金)、19日(土)
音声ガイド利用時間 10時30分~16時
茶話会(事前申し込み制) 14時~15時
※10時30分から16時までの間、無料で音声ガイドをご利用になれます(事前申し込み不要、内容は約30分程度)。
ただし、台数に限りがありますので、お待ちいただく場合があります。
※茶話会は事前申し込み制で、飲食代実費200円が必要です。作品に関する質問やガイドを使ってみた感想など、
とくにテーマは設けずに気軽におしゃべりをする時間です。

場所

横須賀市点字図書館研修室

対象

視覚に障害がある方やその付き添いの方
※興味がある方はどなたでもご参加になれます(ガイドの内容は視覚障害者に向けたものです。ご了承ください)。
開催時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、
10月1日(火)までにご相談ください。

定員

茶話会 抽選20名

参加費

茶話会 一人につき200円(飲食代実費)

参加方法

茶話会は事前申込制
参加される方のお名前、住所、電話番号、障害の程度をハガキかメールにてお知らせください。
付き添いの方も参加される場合は、その人数もお知らせください。
10月1日(火)必着。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<募集は終了しました> ワークショップ
障害児者向けワークショップ

10月の「みんなのアトリエ」


※以前の活動の様子です。

障害の種類や程度にかかわらず、ご家族と一緒に楽しむことができる「みんなのアトリエ」。講師の後藤敦史さんと、ご自宅ではなかなか体験できない大胆な創作活動に取り組んでみませんか?
毎月第3土曜日に開催していますので、はじめての方も、常連の方もぜひご応募ください。
10月は、紙をつかった工作です。

                  

日時

2019年10月19日(土)紙の工作を楽しもう
※いずれも活動は14:00~15:00(1時間程度)
※2019年11月以降の「みんなのアトリエ」については、
こちら(PDF)をご参照ください

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

後藤敦史(イラストレーター、造形作家)

対象

20歳以下の障害児者 
※きょうだいや保護者も制作に参加できます

定員

10組程度 
※必ず付き添いをお願いいたします

参加費

無料

その他

汚れてもよい服装でご参加ください

参加方法

事前申込制。
希望日、郵便番号、住所、電話番号、人数、氏名(障害児者のほか、きょうだい、付き添いの方の氏名)、年齢(障害児者ときょうだいの方)を明記の上、ハガキもしくはEメールでお申し込みください。メールの場合は、件名に「みんなのアトリエ」と明記してください。また、お差し支えなければ、障害児者の方の障害の種類や症状等を簡単にお書き添えください。応募多数の場合は抽選となります。締切は各活動の10日前です。
定員に満たない場合は、締切後も受け付けますので、前日までにお電話でお問い合わせください。
*手話通訳や要約筆記が必要な場合は事前にご相談ください

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> 展覧会関連企画
「パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」関連イベント

講演会「フランスで女優をするということ」


女優・竹中香子さん
舞台裏のひとコマ

竹中香子さんは、日本の大学を卒業後、フランスの芸術専門学校コンセルヴァトールおよび国立高等演劇学校を修了して、現在もフランスの舞台に立つプロの女優さんです。女優だからこそ見えてくるフランスの演劇事情を通して、フランスで舞台に立つとはどういうことか、リアルに語っていただきます。
サラ・ベルナールに対する理解を深めたい方はもちろん、フランス演劇に関心のある方、フランスで芸術を学びたい、表現活動をしたいと考えている方も、ぜひご参加ください。

                  

日時

2019年10月26日(土) 14時~16時

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

竹中香子(女優)

対象

どなたでも

定員

70人

参加方法

申込不要。
当日直接会場へ。ただし企画展観覧券が必要です。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<当日先着制(事前申込不要)> 展覧会関連企画

「色んな道具でつくる 色んなもようの 紙づくりワークショップ」

さまざまな動物や子供が登場するイラストでおなじみのマリーニ*モンティーニのお二人。当館でも平成23年度に「ぼくとわたしの動物園」というワークショップを開催し、好評を得ました。今回は、白い紙に、手づくりローラーなどの“色んな道具”を使って、自分だけの色紙(いろがみ)を作ります。時間がある人は、作った色紙を使って、動く小さないきものを作ることもできます。当日先着制ですので、お気軽にご参加ください。(「小さないきもの作り」はハサミを使う内容になります。「紙作り」だけの参加も可能です。作った紙は持ち帰れます)

                  

日時

2019年10月27日(日)①11時~13時②14時~16時(2回とも同内容)

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

マリーニ*モンティーニ(イラストレーター)

対象

5歳~小学生(保護者同伴のこと。ただし、部屋の広さに限りがあるので、お子様1人に対して1人の保護者まででご入室をお断りする場合があります。逆に、2人のお子様に1人の保護者が付き添うのはOKです)

定員

各回先着40人(付き添いの人数は除く)

参加費

1人500円(おつりのないようにご用意ください)

持ち物

汚れてもよい服装(衣類につくと落ちない絵具を使います)

参加方法

当日先着制。
各回とも9時半~ワークショップ室外にて整理券配布(ただし、混雑の具合によっては早めに配布を開始します)。
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、事前にご相談ください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> 展覧会関連企画
「版画ワンダーワールド」展関連企画

「アーティストトーク」

出品作家が展示室で自作についてお話しします(約30分)。

日時

11月16日(土)14時~ 磯見輝夫
11月17日(日)14時~ もりといずみ(彦坂木版工房)
11月30日(土)11時~ 五島三子男
14時~ 藤田修

場所

企画展示室

対象

どなたでも

参加費

無料

参加方法

申込不要。
当日直接会場へ。ただし企画展観覧券が必要です。
※イベント時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、開催の2週間前までにご相談ください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> 展覧会関連企画
「版画ワンダーワールド」展関連企画

木版画ワークショップ「パンをつくろう」


彦坂木版工房《クリームパン》2014年 木版 作家蔵

「版画ワンダーワールド」展出品作家の彦坂木版工房のお二人を講師に迎え、木版画の彫りと刷りを体験するワークショップを開催します。版木を彫って、ハガキサイズの紙にクリームパンを刷ってみましょう。

                  

日時

11月23日(土)10時~12時/14時~16時 (午前と午後は同内容です)

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

彦坂木版工房

対象

中学生以上

定員

各10人×2回 計20人

参加費

1人1,000円

参加方法

事前申込制(応募多数の場合は抽選)
参加希望の方は、希望日時、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「木版画WS」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。11月8日(金)必着。

託児申込

託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください。
(応募多数の場合は抽選5名)
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、
申込時にご相談ください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> 展覧会関連企画
「谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展 昭和というたからもの」関連事業

「知ろう、つくろう、キャッチコピーの世界
~結構カンタン、案外ムズカシイ~」


講師の岩崎亜矢さん

コピーライターの岩崎亜矢さんによるワークショップです。谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉に登場する昔なつかしい道具や、自分の幼い頃の記憶を元に、コピーをつくってみませんか? 講師からキャッチコピーの作り方を教わり、自分でも何本か作ります。他の参加者のコピーや、講評を通して、新たなものの見方に気づくことができるでしょう。初心者も大歓迎。限られた言葉で、人にメッセージを伝える面白さを体験しましょう。

                  

日時

2019年12月1日(日) 14:00~16:00

場所

ワークショップ室、谷内六郎館

講師

岩崎亜矢(コピーライター)

対象

16歳以上

定員

16名

参加費

500円(別途、観覧券が必要です)

参加方法

事前申込制。
参加希望の方は、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「谷内WS」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。11月15日(金)必着。 託児申込:託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください(応募多数の場合は抽選5名)。
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、申込時にご相談ください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<終了しました> 展覧会関連企画
「パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」関連イベント

海の広場のオペラ・ガラコンサート

19世紀半ば~20世紀初頭、パリを拠点に活躍した女優サラ・ベルナール(1844~1923)。
サラは、無名の挿絵画家だったアルフォンス・ミュシャ(1860~1939)や、ジュエリーデザイナーだったルネ・ラリック(1860~1945)の才能を見出し、華麗なポスターや舞台装置、衣装を制作させました。ミュシャが描いたオペラ「椿姫」のポスターには、斬新な衣装をまとったサラの姿が描かれています。
今回は、サラ・ベルナールと、彼女が生きた「ベル・エポック」と呼ばれた時代を紹介する「サラ・ベルナールの世界展」にあわせ、海の広場の野外ステージにて、オペラ・ガラコンサートを開催します。
「椿姫」をはじめ、サラ・ベルナールにゆかりのあるオペラの名曲を潮風とともにお楽しみください。出演は、世界的に活躍するバリトン歌手・宮本史利さんを筆頭に、横須賀出身の方を中心とした、市の内外で活躍する皆さんです。

日時

2019年9月28日(土)、29日(日)18:00~19:00
※両日とも同内容です。

場所

横須賀美術館「海の広場」 野外ステージ
(雨天時は美術館内エントランスホールで開催。開催状況は当日HP等にてご確認ください)

出演

宮本史利/横森由衣/渡邊達徳/芳野亜美/宮川久美/藤谷佳奈枝/
新海康仁/アンサンブルフロイデオペラ合唱団/
YMSA発声・歌唱ワークショップ参加の皆様

参加方法

無料
当日直接会場へ。
●敷物、飲食物持込OK
●当日、軽食や飲み物などのケータリングを予定しています。(雨天時は中止の場合があります)
●座席のご用意はございません。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<終了しました> 展覧会関連企画
「パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」関連イベント

「学芸員によるギャラリートーク」

日時

2019年9月23日(月・祝)14時~

場所

企画展展示室

対象

どなたでも

参加方法

申込不要。
当日直接会場へ。ただし、企画展観覧券が必要です。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ