展覧会

所蔵品展

令和6年度第2期所蔵品展
特集:新恵美佐子 祈りの花

2024年7月13日 (土) 〜 2024年10月20日 (日)

休館日 8月5日(月)、9月2日(月)、10月7日(月)


特集として、北側ギャラリーと展示室8で「新恵美佐子 祈りの花」を開催いたします。

横須賀市西部を拠点に、国内外で活躍する日本画家・新恵美佐子は、1998年にポーラ美術振興財団の在外研修員として渡印し、文化や人々との出あいから刺激を受け、独自のスタイルを構築しました。墨や顔料、アクリル絵具などの特性を活かした豊かで力強い作品は、新たな日本画の表現として評価を受け、2004年に「第2回 東山魁夷記念 日経日本画大賞」において入選を果たし、2005年には「第3回 トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞」において星野眞吾賞(大賞)を受賞しています。生命の深遠を感じさせる大作の数々を、吹き抜けが特徴的な大空間で紹介します。

新恵美佐子《揺籃》
2011年、作家蔵

基本情報

会期2024年7月13日(土)~10月20日(日)
開館時間 10:00~18:00
休館日
8月5日(月)、9月2日(月)、10月7日(月)
観覧料一般380(300)円、高校生・大学生・65歳以上280(220)円、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と 付添1名様は無料
会場地階 北側展示ギャラリー、展示室8
主催
横須賀美術館
お問い合わせ先横須賀市コールセンター 046-822-4000(月~金曜日:8:00~18:00、土日祝休日:~16:00)


新恵美佐子ウェブサイト