横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
美術館概要
美術館前景
美術館施設

→横須賀美術館お楽しみマップ

山の広場
森に面した芝生の広場。美術館屋上とつながっていて自由に館内に出入りできます。裏手はそのまま観音崎の自然の森に続いていますので、気軽に森林浴を楽しめます。海の眺望も魅力。

海の広場
海に面した芝生の広場。四季折々に異なる景色を眺めながら、屋外映画会やアート・マーケットなどを開きましょう。若林奮の鉄の彫刻《ヴァリーズ》が設置され、その深い谷底を歩くこともできます。

谷内六郎館
戦後社会の夢と現実をほのぼのと表現した谷内六郎。その代表作<週刊新潮 表紙絵>1300余点を中心とした展示によって、谷内六郎の世界をご紹介いたします。

BF展示室
吹き抜けの天井から外光が降りそそぎ、ゆったりと広い、回廊式の展示室。一回りすれば、日本の近現代美術史の流れがわかり、年間4回の展示替を通して、すぐれた収蔵作品と出会えます。朝井閑右衛門記念室も含みます。

1F展示室
大きさのちがう3つの展示室。自由につなぎあわせ、時には独立させて、海外の美術、日本の近現代美術など、変化に富んだ企画展を年間4~5回開催する予定です。若い作家の創作活動を公開する場ともなります。

ワークショップ室
手や身体を動かし、創造活動にたずさわる部屋。子どもから大人まで、作家も障害者も集まって、創作を媒介にコミュニケーションを広げましょう。一人一人が作家になりましょう。

レストラン
眺めのよいレストラン。戸外にも席が出せ、海風や森の木のにおい、鳥の声まで味わえるオープンテラスとなります。観音崎散策に疲れたら、海を眺めながらちょっと一息。思い出の場所ともなるでしょう。

ミュージアムショップ
美術館を入ってすぐにあるミュージアムショップ。展覧会のカタログや絵葉書、美術関連の書籍や収蔵品のグッズなど、ここでしか手に入らない品物を揃えます。アートを持ち帰り、暮らしのなかで楽しめます。

図書室
画集、美術図書、美術雑誌、各地の美術館の展覧会カタログなどを無料で自由に閲覧いただけます。収蔵作品の情報を検索することもできる、知的好奇心と探究心を満たす場です。

情報スペース
エントランスの上にある自由空間。休息しながら建物の外に海を見とおすことができ、講演会などを開きます。コンサートや映画会、イベントの観客席にも早変わりする、可能性に満ちた場所です。

屋上広場
ここは海の展望台。行き交う船を眺めると、動く彫刻のように見えるでしょう。広場から森のなかへ、散歩道がつながっています。森から館内へ、館内から海へ、散歩道で疲れたら、屋上広場で休憩できます。ペントハウス内には恋人の聖地銘板が設置されています。

フロア案内画像
→開閉館音楽について
→横須賀美術館を建築の面からとりあげている資料
↑このページの先頭へ
美術館の特色
環境全体が美術館です
美術館が立つ敷地は、三方を緑の山に囲まれた谷戸状の地形を持ち、北側が海に向かって大きく開けています。この恵まれた周辺環境と一体化し、環境全体を使って美術館活動が展開されることを最初にイメージしました。また、誰でも気軽に入ることができ、建物の中にいても常にまわりの自然環境を感じることができるような、開放的な美術館を目指しています。
環境全体が美術館です
地形と一体化した美術館です 地形と一体化した美術館です
高さを低く抑えるために、建物の約半分を地下に埋め込んであります。海側と山側にそれぞれ芝生の広場を設けたので、どちらからでも自由に美術館にアクセスすることができ、また、通り抜けることができます。レストランやワークショップスペースは、海の広場に面しており、広場と一体的に利用可能な配置としました。一方、山の広場は屋上広場に連続し、美術館の内部に通じています。
柔らかな光に包まれた美術館です
塩風に耐えるために、ガラスで覆われた美術館内部。正面入口から入ると、木漏れ日のような柔らかな光に包まれる吹き抜けの一体空間となっています。この場所は、横須賀でしか味わえない独自の展示空間であり、全ての人に開かれたロビー空間でもあります。
横須賀美術館には、展覧会を見に来た人やライブラリーを利用する人、公園を散策する人などが、立体的に回遊しながら気軽にアートに出会うことができるような、様々な仕掛けが施してあります。
柔らかな光に包まれた美術館です
美術館紹介動画
本サービスにおいて配信される動画コンテンツは、著作権法、商標法、その他の知的財産権に関する諸法令等により保護されています。 従って以下に定められた行為をはじめとして、著作権または商標権等知的財産権の侵害となる可能性のある一切の行為を行ってはいけません。
(1) 動画の再生は、「動画を見る」ボタンをクリックして行ってください。それ以外の方法による再生を行ってはいけません。
(2) 本動画コンテンツは、ストリーミング再生に限ってご視聴いただけます。理由の如何を問わず、ストリーミングデータの保存・複製を行ってはいけません。
(3) 保存・複製したコンテンツを送信、送信可能化または第三者への配布をしてはいけません。
(4) 保存・複製したコンテンツを公に(不特定多数の人に)伝達してはいけません。(ファイル交換・ファイル共有など)
以上の視聴規約に同意いただいた上で、動画をご視聴いただけますようお願いいたします。
↑このページの先頭へ