横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
イベント
イベント情報 過去のイベント
展覧会関連企画ワークショップ講演会その他
<募集は終了しました> 展覧会関連企画
青山義雄展関連ワークショップ

「キラキラきらめくカラフル砂絵」

「色彩の魔術師」とも称されたカラリスト・青山義雄にちなみ、あざやかな色合わせを楽しむことのできる砂絵に挑戦します。50色以上の色砂により、パターンを利用して体験した後、自由に制作します。

                  

日時

2018年2月25日(日) 13:30~17:00

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

宮地淳子さん(画家・砂絵工房J’s主宰)

対象

18歳以上

定員

抽選20名

参加費

1人1,000円

参加方法

事前申込制。
参加希望の方は、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「砂絵WS」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。2月13日(火)必着。

託児申込

託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください。
(応募多数の場合は抽選5名)
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、
申込時にご相談ください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> ワークショップ
未就学児ワークショップ

「ぱたぱた鳥をつくろう」

毎年恒例の未就学児向けワークショップを開催します。講師のオガサワラマサコさんは、陶芸を中心とした自身の作家活動のかたわら、幼稚園や保育園の造形教室の指導や美術館などでの幼児~小学生向けの造形ワークショップを指導している造形作家です。
今回のワークショップでは、羽の部分がぱたぱたと動く鳥を、厚紙などを使ってつくる工作を行います。できあがった自分だけのすてきな鳥を、美術館の広場でぱたぱた飛ばしてみてくださいね。

                  

日時

2018年3月3日(土)
   3月4日(日)
各日14時~16時(2日とも同内容)

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

オガサワラマサコ

対象

5歳以上の未就学児(保護者は送迎のみ)

定員

抽選各日20名

参加費

無料

参加方法

事前申込制。
参加希望の方は、事業名、保護者の連絡先(郵便番号・住所・電話番号)、参加者全員の氏名・年齢を明記のうえ、はがきかEメール(art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp)にて「未就学児ワークショップ」係までお申し込みくださいお申し込みください。(メールの場合は標題に明記)2月26日(月)必着。(2月19日より延長しました。)

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> その他
第4期所蔵品展

「アーティスト・トーク」



①井上裕起
《salamander[F1]》
個人蔵、2016年

②安木洋平
《Untitled Q5》
2016年、作家蔵

第4期所蔵品展「横須賀のアーティスト」出品作家によるお話です。

                  

日時

①2018年2月11日(日)14時~
②2018年3月10日(土)14時~

場所

横須賀美術館ワークショップ室及び展示室

講師

①井上裕起(現代美術家) ②安木洋平(画家)

定員

各70人

参加費

無料

参加方法

申込み不要
直接会場(ワークショップ室)にお越し下さい。参加には観覧券が必要です。
※開催時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、事前にご相談ください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> ワークショップ
青山義雄展

「学芸員によるギャラリートーク」

展覧会の見どころや、出品作品の魅力について、担当学芸員が詳しくご紹介します。

                  

日時

①2018年3月17日(土)14:00~
②2018年3月27日(火)14:00~

場所

横須賀美術館 企画展示室

講師

担当学芸員

対象

どなたでも

参加費

無料

参加方法

*申込み不要、集合場所(1階受付脇)にお越し下さい。
参加には観覧券が必要です。
※手話通訳や要約筆記が必要な場合は、各開催日の2週間前
(①3月3日(土)/②3月13日(火))までにご相談ください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> 展覧会関連企画
展覧会企画

「海の見える哲学カフェ 広瀬美帆さんの作品についておしゃべりしよう!」


広瀬美帆《レトロ乳母車》2011年、油彩・マゾナイト

広瀬美帆さんの作品を題材にして、自由にじっくり話してみませんか?展覧会を観覧していると、様々な考えや疑問が浮かび上がってくると思います。実際には複数の作品が展示されているので、気軽に考えたことを話してみませんか?「哲学カフェ」では身近で答えの出ない問いを持ち寄って、対話していきます。初心者大歓迎です!

                  

日時

2018年3月11日(日)13:00~16:00

場所

ワークショップ室及び展示室

ファシリテーター

土屋陽介(開智日本橋学園中学高等学校教諭・開智国際大学非常勤講師)

対象

18歳以上

定員

抽選30名

参加費

1人300円+所蔵品展観覧券

参加方法

事前申込制。
参加希望の方は、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「哲学カフェ」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。3月1日(木)必着。※一通につき4名まで。

託児申込

託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください。(応募多数の場合は抽選5名)

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
<参加者募集中> その他
マジックワークショップ

「世界で一つだけのトランプキューブをつくろう」

クロースアップ・マジシャンの前田知洋さんと一緒に、不思議なトランプキューブ(トランプを組み合わせて作る立体)を制作します。

                   

日時

2018年3月17日(土)10:30~12:00

講師

前田知洋さん(クロースアップ・マジシャン)

場所

横須賀美術館 ワークショップ室

対象

どなたでも(小学校2年生以下は保護者同伴)

定員

抽選20名

参加費

500円

参加方法

事前申込制。代表者の連絡先(郵便番号・住所・電話番号)、参加者全員の氏名・年齢を明記のうえ、はがきかEメール
(kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp)で「マジック・ワークショップ係」までお申し込みください。 3月2日(金)必着。
*一通につき4名まで。
*手話通訳や要約筆記が必要な場合は事前にご相談ください

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> ワークショップ
親子ワークショップ

「親子でつくるアートなカップ」


横須賀市秋谷に工房をかまえる陶芸家・白倉えみさんを講師にむかえて、子どもと一緒にカップをつくるワークショップを開催します。成型には型を用いますが、材料は陶芸用粘土の、本格的な陶芸ワークショップです。子どもと一緒に手を動かして、楽しい創作の時間を過ごしませんか。(作った作品を講師が持ち帰って焼成します。完成は、2、3週間後です)

                  

日時

平成30年(2018年)3月18日(日)
第1回 10時30分~12時 / 第2回 13時30分~15時

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

白倉えみ(陶芸家)

対象

小学生とその保護者(2名1組) 

定員

抽選各回10組

参加費

1組1400円(各700円)

参加方法

事前申込制
参加希望の方は、希望日、参加人数、保護者の郵便番号・住所・電話番号・氏名、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「親子ワークショップ」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。必ず、小学生とその保護者各1人ずつのペアでお申し込みください。又、託児(1歳~未就学児)を希望される方は、申し込み時に書き添えてください。3月2日(金)必着。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> ワークショップ

障害児者向けワークショップ みんなのアトリエ2017

障害児者を対象としたワークショップです。
講師の後藤敦史さんの軽妙なトークに導かれながら、思いっきり大きな絵を描いたり、カラフルな粘土をこねこねしてみたり、ご自宅ではなかなか体験できない創作活動に、ご家族で参加しませんか。
2017年
4月15日(土) えのぐのえ
       【大きな紙の上で、絵の具をつかって遊びます】
5月20日(土) ペタペタペストリー
       【フェルトをつかってタペストリーを作ります】
6月17日(土) ネンドコドンネ
       【みんな大好き!カラフルで軽量な粘土をつかって
         遊びます】

7月15日(土) カミカミカミン
       【紙をつかって遊びながら工作します】
8月19日(土) えのぐのえpart2
       【大きな紙の上で、絵の具をつかって遊びます】
9月16日(土) モクモクキー
       【紙をつかった工作です】
10月21日(土)ネンドコドンネpart2
       【みんな大好き!カラフルで軽量な粘土をつかって
         遊びます】

11月18日(土)えのぐのえpart3
       【大きな紙の上で、絵の具をつかって遊びます】
12月16日(土)ペタペタペストリーpart2
       【フェルトをつかってタペストリーを作ります】
2018年
1月20日(土) ネンドコドンネpart3
       【みんな大好き!カラフルで軽量な粘土をつかって
         遊びます】

2月17日(土) モクモクキーpart2
       【木をつかってモクモクと遊びます】
3月17日(土) カミカミカミンpart2
       【紙をつかって遊びながら工作します】

いずれも活動は14:00~15:00(1時間程度)
みんなのアトリエ2016

講師

後藤敦史(イラストレーター、造形作家)

対象

20歳以下の障害児者
※ご兄弟も制作に参加できます

定員

10名程度
※必ず付き添いをお願いいたします。

参加費

無料

その他

汚れてもよい服装でご参加ください。

申し込み方法

希望日、郵便番号、住所、電話番号、人数、それぞれの氏名、年齢を明記の上、ハガキもしくはEメールでお申し込みください。メールの場合は、件名に「みんなのアトリエ」と明記してください。また、お差し支えなければ、障害児者の方の障害の種類や症状等を簡単にお書き添えください。
応募多数の場合は抽選となります。締切は各活動の10日前です。
定員に満たない場合は、締切後も受け付けますので、前日までにお電話でお問い合わせください。
*手話通訳や要約筆記が必要な場合は事前にご相談ください

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<終了しました> 展覧会関連企画
青山義雄展関連講演会

「青山義雄 その人と芸術」

1988年に神奈川県立近代美術館で開催された、青山義雄にとって初の大規模な回顧展を担当された橋秀文氏に、青山義雄との思い出、青山作品の魅力についてお話ししていただきます。

                  

日時

2018年2月18日(日) 14:00~15:30

場所

横須賀美術館 ワークショップ室

講師

橋 秀文さん(神奈川県立近代美術館 企画課長兼普及課長)

対象

どなたでも

定員

70名

参加費

無料

参加方法

参加方法:*申込み不要、直接会場(ワークショップ室)にお越し下さい。
※手話通訳や要約筆記が必要な場合は、2月4日(日)までにご相談ください。

託児申込

講演会開催中に託児サービスを行います。対象は1歳以上の未就学児です。希望者は、2月4日(日)までに、希望日・子どもの人数・年齢・性別を明記の上、はがきかEメール(art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp)で「託児」宛お申込ください。(応募多数の場合は抽選5名)

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<終了しました>
その他
開館10周年記念

「レ・フレール コンサート」

横須賀美術館開館10周年の最後を飾るのは、横須賀出身の人気ピアノデュオ「レ・フレール」によるピアノコンサートへの無料招待!当館エントランスホールでのコンサートをお楽しみください。

                  

日時

2018年2月17日(土)19時~(約1時間)
          ※開場は18時30分~

場所

横須賀美術館エントランスホール

演奏者

レ・フレール(公式ページ:http://lesfreres.jp/)

対象

どなたでも

定員

抽選150名

料金

無料

参加方法

事前申込制。
参加希望の方は、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメール(kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp)で「開館10周年記念コンサート」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。
2018年1月19日(金)必着。※一通につき4名まで。
※イベント時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、
申込時にご相談ください。

お問い合わせ先

ハガキ :〒239-0813 横須賀市鴨居4-1
Eメール:kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp

↑このページの先頭へ
<終了しました> 展覧会関連企画
展覧会企画

対談 版画家・磯見輝夫×藤田修


磯見輝夫
《東北紀行・空を駆ける》
(後期展示)
1990年、木版・和紙

藤田修《Rain》
(後期展示)1997年、
フォトエッチング、エッチング、アクアチント・紙
第4期所蔵品展にあわせて、版画家の磯見輝夫さんと藤田修さんの対談を開催します。木版と銅版、フォトポリマーグラヴュールと異なる技法で制作しているお二人ですが、学生の頃藤田修さんは磯見輝夫さんの画塾で教わっていたそうです。このお二人の版画家の対談では、作品について、また創作について幅広くお話していただきます!

日時

2018年2月12日(月・祝)14:00~                    

場所

ワークショップ室及び展示室

定員

70名

参加方法

当日先着制。
参加には観覧券が必要です。

託児申込

託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を1月29日(月)にあわせてお知らせください。(応募多数の場合は抽選5名)
※手話通訳や要約筆記が必要な場合は、1月29日(月)までにご相談ください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<終了しました> 講演会
福祉講演会

「指先から広がる可能性―触覚による美術鑑賞」


ホエール・コルヴェスト氏
(元パリ科学産業博物館
視覚障害者アクセス部門主任)
講演会資料より

アナリザ・トゥラサッティ氏
(イタリア国立オメロ
触覚美術館学芸員)
講演会資料より
横須賀美術館では、開館前の2006年から「視覚障害者の美術鑑賞」をテーマとした講演会を開催しています。今年は、本事業のコーディネートを担ってきた岩崎清氏をゲストに迎え、当館学芸員とともに、これまで紹介してきたヨーロッパの触察本や美術館の取り組みをふり返ります。視覚に障害がある方や、そのサポートに従事する方はもちろん、視覚以外の感覚を活かした美術鑑賞に興味のある方など、どなたでもご参加ください。
                  

日時

2018年2月10日(土) 14:00~16:00

場所

横須賀美術館 ワークショップ室

講師

岩崎清
(NPO視覚障害者芸術活動推進委員会代表、ギャラリーTOM副館長)

対象

どなたでも

定員

40名

参加費

無料

参加方法

当日先着制

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ