横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
イベント
イベント情報 過去のイベント
展覧会関連企画ワークショップ講演会その他
<参加者募集中> 展覧会関連企画
こどもワークショップ

海老原喜之助の絵から、おはなしを書こう


今回、展示される絵には、すてきなおもしろいものが、いっぱいえがかれています。

蝶になった人間、馬の上でなわとびをするこども、いかだで流れていく親子をほほえんで見る馬…。

どの絵にも、いろんなものがたりがかくされてるみたい。
すきな絵を見つけて、そこからおはなしをつくってみよう。絵もかいて、じぶんだけのえほんにしあげます。

うそのすきな人は、おはなしがうまい。
おはなし作家が、だれにでもたのしくつくれるおはなしのつくりかたをレクチャーしますよ。

日時

平成27年(2015年)2月11日(水・祝)
13時~16時

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

おおたにみねこ(おはなし作家)

対象

小学生

定員

10名 ※応募多数の場合は抽選となります。

参加費

無料

参加方法

事前申込制。
各参加者の氏名・年齢、代表者の郵便番号・住所・電話番号を明記の上、ハガキかEメール(art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp)で「海老原展WS」係までお申込みください(1通につき4名まで)。2月2日(月)必着。
※保護者の方は送迎のみとし、見学は控えていただきます。保護者の方はワークショップ中に、展覧会をご覧になったり、美術館をゆっくりとお楽しみください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
 
<当日自由参加> その他

横須賀芸術劇場×横須賀美術館コンサート

横須賀芸術劇場少年少女合唱団が横須賀美術館へ訪問してコンサートを行います。

曲目のなかには合唱団のために作られ、昨年初演されたばかりの曲もあります。無料観覧日となる市制記念日に、少年少女合唱団が美しい歌声をプレゼントします。

日付/場所

2015年2月15日(日)
1回目 13:15~ / 2回目 15:15~
横須賀美術館 エントランスホール

出演

横須賀芸術劇場少年少女合唱団

料金

無料 観覧自由。直接会場へお越しください。

曲目

アヴェ・マリア(シューベルト)
浜辺の歌(成田為三)
海からふく風、海へとふく風(大田桜子)ほか

お問い合わせ先

046-845-1211

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> その他
鑑賞教育フォーラム

地域ではぐくむ鑑賞のチカラ

―学校と美術館の連携から―

 横須賀美術館では、平成19年の美術館開館以降、学校と美術館とが互いに連携し、よりよい鑑賞教育を行なうための試みを重ねてきました。また、平成23年度改訂の学習指導要領でも、地域の美術館の役割がクローズアップされ、美術館は、教育施設としての機能をいっそう充実させることが求められています。こうした流れのなか、各地でも、さまざまな取り組みが行なわれるようになりました。
 本フォーラムでは、こうした取り組みについて、具体的な事例を紹介しながら、その意義を考えていきます。さらに、学びの効果を共有しつつ、新たな課題についても考察します。学校と美術館がはぐくむ子ども達の今と未来を考えるフォーラムです。
→鑑賞教育フォーラムチラシ(PDFファイル)


畑井恵 吉井有紀 黒澤正道 黒岩弘明 岡田京子

日時

2015年2月22日(日)

場所

横須賀美術館ワークショップ室

対象

教員・学芸員・テーマに関心がある人すべて

プログラム

前半では、地域の学校と美術館が連携を積極的に進めている事例を、教員と学芸員それぞれの立場からご紹介します。後半では、ファシリテーターとして国立教育政策研究所教科調査官・岡田京子氏をお招きし、パネル・ディスカッションを行うことで、現状の課題と今後への展望を探っていきます。

13:00 開会あいさつ・趣旨説明
13:10 事例報告「地域で語る学校と美術館」
連携から生まれるもの―鑑賞教材『ミモカ・アートカード』開発・普及の取り組みから
 畑井恵(香川県丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 学芸員)
「図工・美術」の中の鑑賞授業支援
 吉井有紀(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館 教育普及担当)
鑑賞と表現を豊かにするアートカードの実践
 黒澤正道(横須賀市立北下浦小学校 教諭)
発達の段階に即したプログラムの作成と活用
 黒岩弘明(横須賀市立大楠小学校 校長)
15:00 休憩
15:10 パネル・ディスカッション「現状から見えてきたこと―これからの学校と美術館」
ファシリテーター 岡田京子(国立教育政策研究所 教科調査官)
16:00 閉会

定員

50名

参加費

無料

参加方法

事前申し込み制
FAXの場合、お名前、ご所属、ご連絡先を記載の上、046-845-1216までお送りください。メールの場合、件名を「2月22日フォーラム参加申込」とし、お名前・ご所属を記載の上、art-event@city.yokosuka.kanagawa.jpまでお送りください。(先着順・定員になり次第締切)

主催

地域とはぐくむ子どものための鑑賞教育基盤整備事業実行委員会

後援

横須賀市教育委員会

協力

横須賀美術館

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<募集は締め切りました> その他

冬のシネマパーティー『ぼくの伯父さん』

 キノ・イグルーによるセレクトで開催するシネマパーティー、第14回目を迎える今回は、ジャック・タチ監督の代表作『ぼくの伯父さん』を上映。1958年アカデミー賞最優秀外国語映画賞、同年カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞の本作は、鮮やかな色彩や奇妙な音響、軽快な音楽に不思議な形のアパート、どこかユーモラスな登場人物たちが時代を超えてさわやかな笑いを誘います。
 冬のシネマパーティーではおなじみのトサカンムリフーズが用意する、映画にちなんだ個性あふれる軽食とともにお楽しみください。

『ぼくの伯父さん』(字幕版)
1958年 仏伊 120分
監督・脚本・製作:ジャック・タチ                        
出演:ジャック・タチ、アラン・べクール
物語:ジェラール少年は、プラスチック工場の社長である父が建てたモダンな住宅が気に入らず、ユロ伯父さんの暮らす下町を度々訪ねる。少年の両親は、気ままに生きている独身の伯父さんに女性や仕事を世話しようとするが…

日時

2015年2月7日(土)、8日(日)17時~19時頃

場所

横須賀美術館ワークショップ室

企画

キノ・イグルー

ケータリング

トサカンムリフーズ

定員

各日25名

参加費

1700円(軽食付)

参加方法

事前申し込み制(応募多数の場合は抽選)
参加希望の方は、希望日、人数、代表者の氏名・郵便番号・住所・電話番号、参加者の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「冬シネマ」係までお申し込みください。締切は、1月26日(月)必着。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<募集は締め切りました> 展覧会関連企画

「バレンタインのプレゼントを作ろう!大人の工作教室」


所蔵品展出品作家の前田昌良さんを講師に迎え、針金を素材 にバレンタインのプレゼントにもなる不思議な動きのオブジェを作ります。

日時

平成27年(2015年)1月31日(土)13時30分~16時

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

前田昌良(画家)

対象

18歳以上(ご夫婦や恋人同士など2人1組でお申し込み下さい)

定員

8組16名 ※応募多数の場合は抽選となります。

参加費

1人1000円

参加方法

事前申込制。参加希望の方は、代表者の郵便番号・住所・電話番号と、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「前田昌良WS」係までお申し込みください。2015年1月17日(土)必着。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<終了しました> 展覧会関連企画
ワークショップ

「小さなおうち<ティピ>と ゆかいな仲間たち」


<ティピ>は、ネイティブ・アメリカンの移動式のおうちのことです。みんなで<ティピ>やそこに住んでいる人のお面をつくってみよう! どんな格好をしているのだろう?どんな飾りをつけているかな?どんな色を使っているかな?想像を膨らませながら、みんなでつくった作品は、児童生徒造形作品展の会期中、会場に展示します。

日時

2015年1月11日(日)14時~16時

場所

横須賀美術館

講師

丸林佐和子(造形作家)
多摩美術大学卒。NHK教育テレビ「つくってあそぼ」の造形スタッフを務める。近年はベネッセ『ぽけっと』の工作あそびを監修。親子で楽しんでつくる工作のアイデアを出したり、女性のための雑貨づくりを提案するなど、幅広い分野で活躍中。

対象

小学生

定員

40名 ※応募多数の場合は抽選となります。

参加費

無料

参加方法

参加希望の方は、代表者の住所・電話番号と、参加者全員の氏名・学年を明記の上、ハガキかEメールで「造形展ワークショップ」係までお申し込みください。2014年12月27日(土)必着。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<終了しました> 展覧会関連企画
谷内六郎関連ワークショップ

「懐かしい遊び道具を、かわいくアレンジ!」


谷内六郎作品の中には、いろいろな玩具で遊ぶ子どもたちの様子が描かれています。今回のワークショップでは、作品にも登場する「ゴムパチンコ」を、現代風にアレンジします。パチンコを作った後には、みんなで楽しく遊ぶ時間も設けます。作品に登場する玩具を実際に作って、遊んで、作品に描かれた世界を体験してみましょう。

日時

平成27年(2015年)1月11日(日)14時~15時30分

場所

横須賀美術館ワークショップ室

講師

CHATOY(輸入雑貨・北欧子供服ショップ)
エディトリアルデザインやwebデザインを20年手がけながら、CHATOYを2010年に設立。オリジナル玩具を展開しながら、ワークショップも多数開催。

対象

4歳以上 ※ただし、小学1年生以下の方には保護者が同伴してください。

定員

30名

参加費

無料
※別途、所蔵品展・谷内六郎館の観覧券が必要です(中学生以下は無料)

参加方法

事前申込制。代表者の郵便番号・住所・電話番号、代表者も含め参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「谷内ワークショップ」係までお申込みください(1通につき4名まで)。12月24日(水)必着。

託児サービス

ワークショップの間、1歳~3歳までのお子様の託児を実施いたします(無料・定員5名)。ご希望の方は、お申し込みの際に「託児希望」の旨とお子様の人数・年齢・性別をお書き添えください。抽選後、詳細を参加決定者に通知します。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
<参加者募集中> ワークショップ

障害児者向けワークショップ みんなのアトリエ2014

障害児者を対象としたワークショップです。
講師の後藤敦史さんの軽妙なトークに導かれながら、思いっきり大きな絵を描いたり、カラフルな粘土をこねこねしてみたり、ご自宅ではなかなか体験できない創作活動に、ご家族で参加しませんか。
2014年
4月19日(土) ペタペタタペストリー
       【フェルトを使ってタペストリーをつくります】
5月17日(土) えのぐのえ!
       【大きな紙に絵を描きます】
6月21日(土) 木!木!木!
       【木っ端をボンドでつなげていきます】
7月19日(土) キリコミ~サシコミ~シロイイタ~
       【白いスチレンボードを使って立体物をつくります】
8月16日(土) ネンドコドンネ
       【カラフルな粘土を使ってオブジェをつくります】
9月20日(土) ペラペラペーパーペー
       【紙を使って立体物をつくります】
10月18日(土) ペタペタタペストリー Part2
11月15日(土) えのぐのえ! Part2
12月20日(土) 木!木!木! Part2
2015年
1月17日(土) キリコミ~サシコミ~シロイイタ~ Part2
2月21日(土) ネンドコドンネ Part2
3月21日(土) ペラペラペーパーペー Part2

いずれも活動は14:00~15:00(1時間程度)
みんなのアトリエ2012

講師

後藤敦史(イラストレーター、造形作家)

対象

20歳以下の障害児者
※ご兄弟も制作に参加できます

定員

10名程度
※必ず付き添いをお願いいたします。

参加費

無料

その他/b>

汚れてもよい服装でご参加ください。

申し込み方法

希望日、郵便番号、住所、電話番号、人数、それぞれの氏名、年齢を明記の上、ハガキもしくはEメールでお申し込みください。また、お差し支えなければ、障害児者の方の障害の種類や症状等を簡単にお書き添えください。
応募多数の場合は抽選となります。締切は各活動の10日前です。
定員に満たない場合は、締切後も受け付けますので、前日までにお電話でお問い合わせください。

お問い合わせ先

→ お問い合せページへ

↑このページの先頭へ
l>