横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
3 展覧会トップへ戻る
 

谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展

「ふくらむイメージ、あふれるユーモア」

(c)Michiko Taniuchi
《やつ手も手を洗ってる》 1963年
© Michiko Taniuchi

 1956(昭和31)年の『週刊新潮』創刊より1981(昭和56)年にこの世を去るまで、谷内六郎が描いた表紙絵の数は1,336点にのぼります。当館では、毎回テーマを設けて、年4回の展示替えを行いながら、谷内六郎の表紙絵の世界をご紹介しています。
 令和2年度第3期は、「ふくらむイメージ、あふれるユーモア」をテーマに、谷内六郎がひとつの事象から複数のイメージをふくらませていったことに注目してみます。例えば、枯葉ひとつにしても、ある時は忍者、ある時はバレリーナ、そしてまたある時は古い記憶へと姿を変えて描いています。高度経済成長期、道路や歩道に加えて、子どもの遊び場もどんどんコンクリートで舗装されていくなか、風に舞う街路樹の落葉は、谷内六郎の想像力を大いに刺激するモチーフのひとつだったのかもしれません。
 谷内六郎は、目まぐるしい速さで変容していく日本社会のすがたを観察するいっぽうで、郊外に残る昭和の情景も思い出とともに描きました。谷内が見ていた景色を、みなさんも想像力を働かせながらお楽しみください。

(c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi

《枯葉のバレー》 1959年

《枯葉のニューモード》 1962年

《つむじ風の忍者》 1964年

《枯葉は昔の遊びをしてる》 1975年
© Michiko Taniuchi

期間 2020年9月19日(土)~12月13日(日)
無料観覧日:11月3日(火・祝)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 10月5日(月)、11月9日(月)、12月7日(月)
観覧料 一般380円(300円)、高・大・65歳以上280円(220円)
  *常設展も観覧できます。
*中学生以下無料、高校生(市内在住または在学に限る)は無料
  *団体料金など詳細は利用案内の「観覧料」をご覧ください
  *身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料