横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 
開催中止

宇都宮美術館コレクションによるマルク・シャガール展

版画本『オデュッセイア』(1974年刊)より《キルケ―》リトグラフ
宇都宮美術館蔵(Mourlot 780)
 
新型コロナウイルス感染症予防対策のため、本展覧会は中止とさせていただきます。
楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


 豊かな色彩で幻想的な世界を描いたマルク・シャガール(1887-1985)は20世紀を代表する画家のひとりです。帝政ロシア(現ベラルーシ)のユダヤ人家庭に生まれたシャガールは、故国ロシアを離れフランスで活躍するものの、第一次世界大戦、ロシア革命に翻弄され、第二次世界大戦中はアメリカに亡命するなど、その人生は決して平坦なものではありませんでした。しかし、生来の想像力をさらに飛躍させ、彩り豊かに表現した作品は、詩情と慈愛に満ち、今も世界中の人々に愛されています。
宇都宮美術館は、開館前から継続的に作品収集を行い、国内屈指の20世紀美術コレクションを誇る公立美術館です。とりわけシャガールについては、開館5周年、10周年という節目に油彩作品を収蔵するとともに版画集、版画挿絵本へと収集対象を広げ、その生涯を概観できるコレクションとなっています。
本展では、宇都宮美術館の珠玉のシャガール・コレクションから油彩画と版画連作『わが生涯』、『聖書』、『出エジプト記』、『ダフニスとクロエ』、『オデュッセイア』、『もの言わずして語る人』から選りすぐりの作品約160点を展示し、シャガールの豊饒なる絵画世界をご覧いただきます。

《青い恋人たち》1948-53年 油彩、カンヴァス
宇都宮美術館蔵

《緑、赤、青の恋人たち
(街の上で)》1983年 
油彩、カンヴァス 
宇都宮美術館蔵

版画本『ダフニスとクロエ』(1961年刊)より《扉絵》
リトグラフ
宇都宮美術館蔵
(Mourlot 308)

期間
開催中止

2020年4月25日(土)~6月21日(日)

→ 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 5月11日(月)、6月1日(月)
観覧料 一般1000(800)円、高大・65歳以上800(640)円、中学生以下無料
 

*()内は20名以上の団体料金
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料
*前売り券は美術館受付、横須賀芸術劇場チケットセンター(横須賀芸術劇場1階、横須賀中央駅モアーズシティ1階)でお求めになれます。

主催 横須賀美術館
特別協力 宇都宮美術館