横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 


1 展覧会トップへ戻る
 

長沢明展 オワリノナイフーケイ

長沢明《トララララ・・・》2008年、塚﨑雅雄氏蔵

[会期終了のお知らせ]
新型コロナウイルス感染症拡大予防対策のため、
横須賀美術館(谷内六郎館・ミュージアムショップ)は5月6日まで臨時休館いたします。
臨時休館の延長により、本展覧会は終了となります。
来場を楽しみにしてくださった皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

新潟に生まれた長沢明は、東京藝術大学大学院を修了後、TAMON賞大賞を受賞し渡米。帰国後、横須賀にアトリエを構えました。現在は山形を拠点にし、東北芸術工科大学で教鞭をとりながら旺盛な制作を続けています。1994年頃より「祈り」を象徴的に表現したイコンシリーズで活動を本格化させ、1997年には五島記念文化賞の美術新人賞を受賞し渡英すると、帰国後は「本」そのものを土で封じこめる「土本」シリーズや、本を粉砕し再構築する「BOOK」シリーズを発表します。2003年頃からは代表的なモチーフとなるトラを画面に大きく描き、徐々に神格化され、近年は物語性が強く明るい色彩の絵画へと展開しています。
本展は各時期の代表作や巨大な《マントラ》、インスタレーション、新作を加えてご紹介する、長沢明初の大規模個展となります。

長沢明《マウンテンⅡ》
2007年、個人蔵

《セイメイノキ》2018年、
個人蔵

《BOOKSTONE》1999年、
平綿敏郎氏蔵

期間 2020年2月8日(土)- 4月12日(日)
→ 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 3月2日(月)、4月6日(月)
観覧料 一般900(720)円、高大・65歳以上700(560)円、中学生以下無料
 

*()内は20名以上の団体料金
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料
*前売り券は美術館受付、横須賀芸術劇場チケットセンター(横須賀芸術劇場1階、横須賀中央駅モアーズシティ1階)でお求めになれます。

主催 横須賀美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網 
協力 ガレリア・グラフィカ
制作協力 フォーティス、三省堂印刷