横須賀市所蔵による 珠玉の日本画展 トップページへ
竹内栖鳳 takeuchi  Seiho
京都に生まれる。1881(明治14)年四条派の幸野楳嶺に入門。翌年第1回内国絵画共進会入選。1889年京都府画学校に勤務。1900年から翌年にかけて渡欧し、西洋の写実表現を取り入れた自然主義的な画風を確立。1907年第1回文展審査員に推挙される。その後、京都市立絵画専門学校教授、帝室技芸員となる。1918(大正7)年国画創作協会結成に際し、顧問となる。1937(昭和12)年横山大観とともに第1回文化勲章受章。東の大観に並ぶ京都画壇の指導者として、土田麦僊や上村松園らを育成。湯河原で没。
竹内栖鳳 今村紫紅 奥村土牛 月岡榮貴
山中雪人 水谷愛子 麻田鷹司 小嶋悠司
   
 
  《狐》