横須賀市所蔵による 珠玉の日本画展 トップページへ
奥村土牛 Okumura Togyu
東京に生まれる。1905(明治38)年梶田半古に入門、小林古径の指導を受ける。1920(大正9)年より古径の画室に住み込む。1926年から速水御舟の研究会に出席。第14回院展に初入選し、1932(昭和7)年に同人となる。淡く澄んだ色調と洗練された構図による画風を確立。1949年に女子美術大学教授、1951年に武蔵野美術大学教授となる。1962年文化勲章受章。1978年日本美術院理事長に就任。東京で没。
竹内栖鳳 今村紫紅 奥村土牛 月岡榮貴
山中雪人 水谷愛子 麻田鷹司 小嶋悠司
   
 
《鵜》