横須賀市所蔵による 珠玉の日本画展 トップページへ
今村紫紅  Imamura shikou
横浜に生まれる。1897(明治30)年に上京し、松本楓湖に師事。1900年紫紅会(のちの紅児会)に参加。1907年茨城県五浦の日本美術院研究所を訪問。岡倉天心の指導を受け、横山大観らから刺激を受ける。大和絵の色彩と新印象主義的な点描に南画風の筆致を加味した画風を確立。1914(大正3)年インド、中国、朝鮮半島を旅行。同年日本美術院再興に参加し同人となる。赤曜会の結成に参加。日本美術院の若手リーダーとして、後進に大きな影響を与えた。東京で没。
竹内栖鳳 今村紫紅 奥村土牛 月岡榮貴
山中雪人 水谷愛子 麻田鷹司 小嶋悠司
   
 
  《黄石公・張良》