横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
月岡榮貴展 ごあいさつ 出品予定作品 お知らせ 美術館トップへ

 

このたび横須賀市では「月岡榮貴本画と下絵展」を開催致します。

 月岡榮貴は1916(大正5)年、東京浅草柳橋に生まれました。太平洋美術学校で学んだ後、東京美術学校日本画科に入学し、1942(昭和17)年同校を首席で卒業。戦後は前田青邨に師事し、1948(昭和23)年より再興日本美術院展で作品発表を続けました。1981(昭和56)年に「やまたのおろち(古事記より)」で日本美術院賞を受賞し、日本美術院同人となりました。1997(平成9)年に逝去し、2002(平成14)年に作品が横須賀市に寄贈されました。
 東京下町、切金砂子師の家に生まれた月岡が描く日本画は「江戸っ子」「粋」といった評言がぴたりとあてはまるように思われますが、人物描写においては松本竣介や靉光などを輩出した太平洋美術学校で学んだデッサン力が活きていることは見逃せません。 日本画の伝統的な主題である歴史や物語、四季の風景を描く一方、現代的で力強い女性像を数多く描いた月岡榮貴の絵画世界を《風神雷神》(1985年)をはじめとする院展出品作12点を含む本画、素描、下絵約100点によってご覧頂きます。
 なお横須賀市は、2007(平成19)年に(仮称)横須賀市美術館のオープンを予定しており、本展覧会は所蔵作品を中心に日本画家・月岡榮貴の画業を紹介するものです。