20世紀日本の洋画展
人気作品 最終ランキング 作品人気投票結果
1位 窓のある建物
(パリ風景)
佐伯祐三(184票)
2位
岡鹿之助(83票)
3位 ビルマの婦人
小磯良平(80票)
(投票総数 1522票)
コメント
3/12~3/21
コメントを見る
3/1~3/11
コメントを見る
2/21~2/29
コメントを見る
   
インデックス
トップに戻る
代表作品
出展作品リスト
人気作品投票結果
3/12~3/21コメント集
「風 景」 南薫造
画面に吸い込まれるような、静かな時間と空気を感じました。

「ガス灯」 萬鉄五郎
もっとも印象に残った。懐かしさと淋しさのようなものが(感じられ)、小品ながらドラマがある。

「少 女」 中村彝
生き生きとした瞳、信頼感あふれる表情、そして幼さのある風情がなんとも言えません。

「外房風景(太海)」 安井曾太郎
初夏にいつも感じる、昔のなつかしい風景のような気がした。

「外房風景(太海)」 安井曾太郎
油画だが(油画)らしくなく、日本の色である。

「女」 長谷川利行
色彩、形が生き生きしていて、エネルギーをいただいて帰れます。

「女」 長谷川利行
こんなところで利行に出会えるなんて幸せ。

「風景(下板橋火薬庫附近)」 中川一政
2回見せていただきました。説明を聞かせていただき、作品の中に作家の深い思い入れを見ました。大変良かったです。

「ドーヴィル海岸」 青山義雄
作者の伝えたいことは分かりませんが、見ているととてもやさしい気持ちになる絵でした。

「窓のある建物(パリ風景)」 佐伯祐三
古びた建物の感じが良く出ていた。電気がなくて、暗い部屋だということが良く分かった。

「港」 野口彌太郎
明るく港の風景を描き、活気のある画風が好ましい。港、横須賀にふさわしく思った。

「やけ跡」 朝井閑右衛門
茶色の画面に茫然とたたずむ人、心理的に焼け出された人の心理が表現されているようでした。

「三人の娘」 猪熊弦一郎
大きな猫、小さな猫、3人娘のやさしさ、とても好きです。

「三人の娘」 猪熊弦一郎
おすましの三人娘を、猫が引き立てている。

「サ-カス」 高崎剛
変なバランスや設定、構図に惹かれました。

「雨」 山口猛彦
一人一人の生活が想像できる、又当時の世相を垣間見る事ができる。手前の少女のあどけない表情、犬がなぜかホッとさせてくれる。

「雨」 山口猛彦
昭和16年ごろはまだ子どもでしたが、それ程戦争の影がなかったと思います。見ていて懐かしい景色だと思います。

「雨」 山口猛彦
雨の中、街の人たちの自然の姿が表現され、親しみと深さが感じられる。

「四人」 村井正誠
4人の顔が一目見たときに"チリトリ"に見えました。私はふと人間はいずれチリになるという事を感じました。何とも"ヘン"な私ですが、作品が気に入りました。

「二人で唄う」 鶴岡政男
絵の中で感じるやさしさ、母の愛情があれば今の世の中の暗い話題がなくなるのに。母の愛が強く出ていた。

「一つの円(作品C-B)」 オノサト・トシノブ
細かく描いてありきれいでした。(新4年)

「裸 C」 麻生三郎
色っぽいです~。あと色の重ね具合もカッコイイ!!カッコイイです!

「食 卓」 小山田二郎
モンスターが食べているものは?楽しいのか、さみしいのか、忙しいそうに食事する音が聞こえてくるよう!

「連続の溶解#16」 堂本尚郎
凡人には分からぬ作品が多い中・・・

「クレーンと人」 靉嘔
レインボーカラーの作品はお馴染みだったが、こんな若い頃のこの様な絵は初めて観た。学生の頃妹の飯島さんが、夢に色がついていると言ったから、靉嘔もそれでかと思っていたが、若い頃は又別な作品もあったんだと思ってなんだか安心した。

「雉とサギ」 奥谷博
鳥の絵がきれいに描かれていて素敵だった。本物の鳥がとまっているみたいで感動した。この絵を描いた人に感動しました。

「雉とサギ」 奥谷博
今回の洋画展は有名な画家の貴重な絵画や、すばらしい作品を鑑賞することができて、とてもうれしく思い、心豊かになった感じがします。横須賀の美術館が早く完成することを楽しみにしています。

「雉とサギ」 奥谷博
多彩な青色がきれいで良い。キジもサギも写実的で美しい。迫力がありながら静かなたたずまいである。ポストカードがあれば買いたかった。

「山頂の石蹴り No.6」 中西夏之
構図の良さ、そして不可解なところ、何かひき付けられるものがある。

「裸 婦」 小出楢重
1本の線で裸婦の背中を生き生きと描いている。又油の裸婦も肉感を感じる。光を感じる描写が素晴しい!

「橋のある風景」 古賀春江
色鮮やかなのにきつくなくて、やわらかい感じでよかった。

「女の横顔」 林武
モデルが孫にそっくりで思わず見とれました。

「風 景」 林武
見ているとなぜか懐かしくなるのでこれを選びました。"雉とサギ"も良かったのですが、黒一色にひかれました。

「裸 婦」 山崎省三
たくましい体つきが好きです。

「ふせる裸婦」 山本豊市
豊満な肉体に女性の美を感じる作品、モデルのポーズが気になる。

「カーニュにて」 長谷川リン(※1)二郎
その場所に今いる気分になれそう、又人がポッと今にも出てきそうです。静けさの中に人々の住まいがうかがわれ、そこへ旅してみたくなりました。

「4つの丸-2002」 岡本健彦
リズム感とほど良い緊張感とが感じられ、暖かみのある作品だと思います。


▲ページトップへ戻る
 
 E-mail ma-bes@city.yokosuka.kanagawa.jp