横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
前ページへ 美術館トップへ
ワークショップ
頭の中に光をともそう
講師:中川久氏(画家)

日  時 :2005年3月5日
参 加 者 :小学4年生~中学2年生の子どもたち20名
場  所 :横須賀市文化会館展示室
音響協力 :中里祐樹氏

頭の中 <ワークショップの内容>

展覧会「中川久、藤田修展-刻印された光と記憶-」(2/26~3/27 文化会館市民ギャラリー)の関連企画として、出品作家のひとり、画家の中川久さんのワークショップ「頭の中に光をともそう」が行われました。 当日、小学校4年生から中学2年生までの子ども達20名が集まり、大昔の洞窟の闇と光を擬似体験したあと、頭に浮かんだイメージを大壁面に描きました。ワークショップの最後には、同じ建物の中で開催中の中川さんの展覧会を一緒に観てまわりました。 詳しい写真/説明

頭の中 <中川久さん(なかがわひさし)紹介>

講師の中川久さんは、本市在住の画家です。木枠に張らない綿布に様々な色のアクリル絵具をヘラで扇状に薄く塗り重ね、紙ヤスリで部分的に削ることで複雑な奥行きをもつ作品を1970年代から制作し続けています。その一方で、アトリエを公開して子どもたちと一緒に作品を作ったり、幼稚園で造形指導にあたる等の活動も続けています。