横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
前ページへ 美術館トップへ

ワークショップ2002タイトル
水で遊ぼう
ファシリテーター:榎本寿紀
2002年8月21日

開催日時 :2002年8月21日(水)12時30分から16時30分
場所 :県立観音崎公園走水園地
対象 :小学生(親子で参加可)
ファシリテーター :榎本寿紀(美術家)、塩谷良策(市立横須賀高校美術教諭)
費用 :保険代として50円
主催 :横須賀市教育委員会

1.水風船のキャッチボール
水風船のキャッチボール 水風船遊びを行う。はじめは参加者のコミュニケーションを兼ねて、ドキドキしながら水と出会う。

2.水と戯れる
水と戯れる 透明ビニールシートに寝転がり(5~6人)、周りを全員で持ち、シートを揺する。その中に水を入れる(ホースまたはバケツ)。
  • 水を全身で体感、水の形(飛沫)、温度、濡れることを味わう。
  • 水の形を見る。同じ形の水は一つとしてない。

3.アクション・ペインティング/水の色・形・勢い
アクション・ペインティング 絵の具の入った水風船やペットボトルの色水、バケツ一杯の絵の具を思いっきりアクション・ペインティング。
  • 自分が水や絵具、筆になったつもりで、感じた水を身体で表現。
  • 脚立を4脚用意する。(登って離れて見るため)
撮影:大橋 富夫

榎本講評へ

いつもと違う筆で絵を描こう
ファシリテーター:塩谷良策


今まで描いたことのない絵を描こう!

(1)今まで描いたことのない絵を描こう!

筆をいつもと違ったものに変えて、(木の枝、自分で作ることもできるように用意)走水園地内に散らばり、今まで描いたことのない絵を描きます。

大胆に色をつける

(2)大胆に色をつける。

写生が終わったら最初の場所に戻って着色します。スポンジなどを使い、色付けをします。みんなが描いた絵を、その場で展示して、みんなで見ます。
撮影:大橋 富夫