横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
トップ
  展覧会
  イベント
  学校・団体鑑賞
  美術館概要
  所蔵作品
  スケジュール
  ボランティア
  谷内六郎館
  図書室
  利用・交通案内
  周辺案内
  開館までの活動
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
お知らせ →美術館TOPへ戻る
 

横須賀市出身の洋画家、島田章三先生を追悼し、代表作を展示します。

                 

現代日本を代表する洋画家・島田章三氏が、去る11月26日に逝去されました。
1933年、現在の横須賀市大津町に生まれた島田章三氏は、県立横須賀高校を経て、東京藝術大学を卒業後、洋画家として活躍し、日本の文化発展に寄与した功績から2004年に文化功労者に選出、2009年には旭日重光賞を受賞しています。
2007年の横須賀美術館が開館した際には、初代館長として4年間にわたり、開館まもない美術館の基礎づくりに尽力されました。
平成28年度第4期所蔵品展では、氏の追悼として「横須賀」、「ノイローゼ」など
横須賀をテーマにした作品を含め、横須賀美術館が所蔵する代表的な島田章三作品7点を展示し、氏の芸術を振り返ります。

期間 2016年12月17日(土)- 2017年4月9日(日)
→ 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 2016年12月29日(木)~2017年1月3日(火)、1月10日(火)、
2月6日(月)~7日(火)、3月6日(月)、4月3日(月)
観覧料 一般310(250)円、高大生・65歳以上210(160)円、中学生以下無料
 

*()内は20名以上の団体料金 
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料 
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料