横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
図書室
図書室
美術に関する図書や雑誌、展覧会図録等を収集・整理・保管し公開しています。 展示室を見おろす2階廊下の先にあり、入室は無料です。図書室のみの利用も可能ですので、気軽にお立ち寄りください。なお、館外貸し出しは行っておりません。
横須賀美術館図書室
利用案内
開室時間
10時~18時
※閉架資料の閲覧請求および複写申請の受付時間は17時30分までです
 
休室日
毎月第1月曜日(ただし祝日の場合は開室し、翌週を休室日とする)
12月29日~1月3日
※その他、図書整理のため臨時に休室する場合があります
利用について
資料は無料でご利用になれますが、館外貸し出しは行っていません。
開架資料は自由に閲覧できます。書庫内にある閉架資料は閲覧請求した上でご覧いただけます。
※展示中などで一部の資料は利用できない場合もあります
 
■ コピーサービス
当室の所蔵する資料について、著作権法で認められた範囲内でコピー機により複写することができます。 ただし保存上の理由により複写をお断りする場合があります。コピー料金は1枚10円(白黒のみ)です。
 
■ レファレンス
図書室の利用方法、資料検索の仕方、蔵書に関するご質問など、気軽にカウンターまでおたずねください。 電話やメールでのお問い合わせも受け付けています。
 
■ その他
・受験勉強や休憩など当館資料閲覧以外での利用はご遠慮ください。
・室内での写真撮影、飲食、喫煙はご遠慮ください。
・携帯電話は電源を切るかマナーモードに設定し、通話はご遠慮ください。
・大きな荷物はコインロッカーにお預けください。使用料は利用後に返却されます。
↑このページの先頭へ
所蔵資料
・美術全集、画集等美術関係図書
・美術家による絵本等、児童・青少年向の美術関係図書
・展覧会カタログ
・美術関係雑誌
・美術関係DVD等のAV資料

<特別コレクション>
・匠秀夫文庫(美術評論家旧蔵資料)
 横須賀に居住した美術評論家の匠秀夫氏(1924-1994)の旧蔵書。
 1996年にご遺族から寄贈を受け、この図書室の礎となっています。
↑このページの先頭へ
企画展関連資料
企画展に関連する資料を図書室でご覧いただけます。
美術でめぐる日本の海
海を想う
海を想う展実行委員会/編(海を想う展実行委員会 2010)
北は北海道から南は沖縄まで、各地域の海の特色が色濃く表れた作品を紹介する展覧会の図録。 気候や地形の違いによって様々な表情をもつ日本の海は、見る場所や人によってイメージが大きく異なります。 あなたが心に描く海はどんな姿をしていますか?
日本の船絵馬 北前船
牧野隆信[ほか]/編(柏書房 1977)
航海の安全の祈りを託し奉納した「船絵馬」は、海運・造船史や美術史、民俗学など多方面に活用できる貴重な資料です。 本書は東北から北海道に及ぶ日本海側諸県の神社に残る船絵馬をあますところなく収録。 船絵馬研究の集大成と言える一冊です。
柳原良平の仕事
柳原良平/著(玄光社 2015)
無類の船好きとしても有名な柳原良平。ライフワークとなっている船の絵も含め、装丁、絵本、漫画にアニメーション、 さらにはグッズやオリジナル作品など、半世紀以上にわたって第一線で活躍を続けた著者の仕事を集約した、初の本格的作品集です。
日本とクジラ
日本とクジラ展実行委員会/編(日本とクジラ展実行委員会 2011)    
同名展覧会の図録です。日本人は古来より海との関わりを持ち、多くの恵みを授かってきました。 クジラもその一つと言えるでしょう。古くは縄文時代まで遡る捕鯨の歴史と文化に焦点をあて、 クジラと日本とのつながりについて紹介します。クジラの種類や大きさなど、その生態の不思議にも迫ります。
万祝(まいわい) 大漁の証
神奈川県立歴史博物館/編(神奈川県立歴史博物館 2007)
予期せぬ大漁を祝って船主や網主が船子・網子に送った「万祝」。松竹梅や七福神などの縁起物、 浦島太郎や桃太郎などの昔話、マグロやカツオといった漁獲物など、さまざまな絵柄が大胆に 染め上げられています。各地に残された粋な祝い着を紹介した展覧会の図録です。
   
当館開催展覧会カタログ
・当館で開催された展覧会のカタログをご覧いただけます。
・販売についてはミュージアムショップのページをご覧下さい。