横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
3 展覧会トップへ戻る
 

谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展

「新潮社とのお仕事 あれこれ」

(c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi

《夕映え》
1965年

《火星人だ》
1971年

《進水式》
1975年

《船の山びこ》1973年
© Michiko Taniuchi

 谷内六郎は、1956(昭和31)年に『週刊新潮』が創刊されたときから、1981(昭和56)年に本人がこの世を去るまでの四半世紀にわたり、詩情とユーモアに満ちた1,335点にのぼる表紙絵を描きました。当館では、この表紙絵原画を中心に、1年に4回作品を入れ替え、さまざまな切り口から、谷内六郎の表紙絵の世界をご紹介しています。
 今回は「新潮社とのお仕事 あれこれ」と題し、『週刊新潮』や新潮社の宣伝のための印刷物やグッズ、その原画をご紹介します。また、表紙絵の中から、記念すべき周年や通巻を祝う号をかざった原画を取り上げます。これらの原画では、意識して金色が使われることも多く、お祝いにふさわしい仕上がりとなっています。記念号の原画に添えた「表紙の言葉」には、表紙を描き続けてきた率直な思いや葛藤がしたためられています。ほかにも、『週刊新潮』に掲載された谷内関連の特集を取り上げながら、谷内六郎と新潮社の仕事をふり返ります。

→ 出品目録


期間 2020年6月20日(土)~2020年9月13日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧ください
休館日 7月6日(月)、8月3日(月)、9月7日(月)
観覧料 一般380円、高・大・65歳以上280円
  *所蔵品展も観覧できます
  *中学生以下無料、高校生(市内在住または在学に限る)は無料
  *団体料金など詳細は利用案内の「観覧料」をご覧ください
  *身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料