横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
3 展覧会トップへ戻る
 

平成30年度第3期 谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展

「ろうけつ染で描く四季」

(c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi

 《里の春》
 1958年

 《月見草もついた》
     1962年

 《かま場の子》
   1973年

  《びいどろ
 やぎやまんの夢》
   1979年

 1956(昭和31)年の『週刊新潮』創刊より1981(昭和56)年にこの世を去るまで、谷内六郎が描いた表紙絵の数は1,336点にのぼります。当館では、毎回テーマを設けて、年4回の展示替えを行いながら、谷内六郎の表紙絵の世界をご紹介しています。平成30年度第3期は、「ろうけつ染で描く四季」と題して、ろうけつ染めを用いた表紙絵をご覧いただきます。
ろうけつ染は、模様部分をロウで防染し布を染める染色技法です。ロウを置いた部分は白く染め抜かれますが、ロウがひび割れてそこに染料が入ると独特のひび割れ模様が生じます。谷内六郎は兄弟が始めた「らくだ工房」で、ろうけつ染めを用いて布小物を作っていた時期があり、その技法を《週刊新潮》表紙絵にも用いました。ろうけつ染の特徴を生かして表現された四季折々の情景をご紹介します。

期間 2018年10月6日(土)~12月16日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 11月5日(月)、12月3日(月)
観覧料 一般310円、高・大・65歳以上210円
  *中学生以下無料、および市内在住または在学の高校生は無料。
  *団体料金など詳細は利用案内の「観覧料」をご覧ください