横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
3 展覧会トップへ戻る
 

谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展

「みんなが選んだ谷内六郎」

(c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi (c)Michiko Taniuchi

あぶくのファンタジー》 
    1961年

  《夜の公衆電話》 
   1959年

迷った町の知らない子》 
   1971年

谷内六郎(1921-1981)は、『週刊新潮』が創刊された1956(昭和31)年から、亡くなるまでの26年間、表紙絵を描き続けました。その原画の総数は1,300余点にのぼります。表紙絵原画を所蔵する当館では、毎回テーマを設けて、年4回の展示替えを行いながら、谷内六郎の表紙絵の世界をご紹介しています。  
今会期は、開館10周年を記念して、「みんなが選んだ谷内六郎」と題し、来館者の皆さまが選んだ人気作品をご紹介します。お気に入りの作品をたずねる人気投票は、『谷内六郎コレクション120』に掲載された123点を対象として、2016年7月9日から2017年4月9日までの255日間(休館日、展示替え期間中を除く)実施しました。合計3,370人もの方々が投票に参加してくださいました。
人気投票は、谷内ならではのユーモアを堪能したり、描かれたテーマとご自身との共感点を見つけるなどして、作品の魅力を再発見していただきたいと願って行ったものです。本展示も、ご観覧いただく皆さまが谷内六郎の魅力を改めて感じる機会となれば幸いです。
上位作品に関して、投票してくださったお客様や谷内達子氏(谷内六郎夫人)からお寄せいただいたコメントをご紹介しています。作品と併せてお楽しみください。

期間 2017年10月7日(土)~12月17日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 11月6日(月)、12月4日(月)
観覧料 一般310円、高・大・65歳以上210円
  *中学生以下無料、および高校生(市内在住または在学に限る)は無料。
  *団体料金など詳細は利用案内の「観覧料」をご覧ください