横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
3 展覧会トップへ戻る
 

谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展 「谷内六郎の見立ての世界」

 

このたび、谷内六郎館では〈週刊新潮 表紙絵〉展「谷内六郎の見立ての世界」を開催いたします。
 1956(昭和31)年の『週刊新潮』創刊より1981(昭和56)年にこの世を去るまで、谷内六郎が描いたその表紙絵の数は1,336点にのぼります。当館では、年間4回の展示替えを行い、約50点ずつを入れ替えながら、谷内六郎の世界をご紹介しています。
  没後30年以上が経つにも関わらず、いまもなお谷内の作品が人の心を魅了してやまないのは、彼の描き出した世界が、人々の郷愁を誘い、共感を呼ぶからにほかなりません。ふるきよき日の思い出や、忘れかけていた子どものころの感覚。谷内六郎はつねに頭のなかでイメージの変換装置を働かせ、誰もが心のなかにもっている風景を描きました。見慣れた日常風景を、べつの景色や姿かたちになぞらえ、表現すること。谷内六郎の「見立て」の世界の端緒として、50点をここに展示いたします。

 


期間 2013年6月29日(土)~10月20日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 7月1日(月)、8月5日(月)、9月2日(月)、10月7日
観覧料 一般300(240)円、高・大・65歳以上200(160)円
  *中学生以下無料、および市内在住または在学の高校生は無料。
  *団体料金など詳細は利用案内の「観覧料」をご覧ください