横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
1 過去の展覧会トップへ戻る
 

ブルーノ・ムナーリ展

アートの楽しい見つけ方

 ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)は、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、絵本の制作、子どものための造形教育など多岐にわたる分野で活躍し、独創的でユーモアあふれる作品を世に送り出したイタリアのアーティストです。 コピー機を使ってオリジナルの作品をつくる《ゼログラフィーア》、持ち運んだり、箱に簡単にしまうことのできる《折りたたみのできる彫刻》、色や手触り、かたちの異なる紙を使った絵本、遊びながら素材感などを学ぶことのできる遊具の考案など、ムナーリの仕事はとどまるところを知りませんでした。
 アートは、鑑賞の対象であるだけでなく、メッセージを伝える手段でもあり、想像力を刺激するきっかけでもあり、何よりも楽しめるもの。ムナーリは、人が豊かな生活を送るための‘アート’を様々なかたちで発表しました。
 本展では、展示コーナーのほかにムナーリの遊具などで遊ぶことのできるコーナーも設け、約200点の作品や資料を通じ、ムナーリその人や作品の持つメッセージ、魅力をご紹介いたします。   →アートの楽しい見つけ方はこちら
期間 平成22(2010)年6月26日(土)~8月29日(日)
休館日 7月5日(月)、8月2日(月)
観覧料 一般 700(560)円/高大生・65歳以上 500(400)円
  *( )内は20名以上の団体料金および前売料金(前売は6月25日まで)
*市内在住在学の高校生は無料。
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料。
《ゼログラフィーア》
1963-1985年 カラーコピー
《折りたたみのできる彫刻》
1958/1981年 銅,真鍮の蝶番
《どうぶつはいかが》
1945/1982年 紙

3点ともこどもの城造形事業部蔵
→ 出展作品リスト(647KB)
※映像資料の放映(ギャラリー1)及び遊具の体験(展示室1)のスケジュールは、こちらをご覧下さい。
ギャラリートーク
1 ゲストによるギャラリートーク 
  ・講師:岩崎清(日本ブルーノ・ムナーリ協会)
  ・日時:7月25日(日)14:00~
  ・参加無料 *観覧券が必要です。
2 学芸員によるギャラリートーク
  ・日時:8月15日(日)14:00~
  ・参加無料 *観覧券が必要です。
主催
横須賀美術館
協力
イタリア文化会館
企画協力
こどもの城造形事業部、日本ブルーノ・ムナーリ協会
図録・カタログ
 販売終了しました。