横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
1 過去の企画展へ戻る
 

「ワンダーシニア30」展

現代日本の画家が描く、それぞれの昭和、平成

60歳代から70歳代を中心としたベテラン洋画家32人の仕事を紹介します。各作家の昭和時代の作品1点と近作1点、計2点を対比させることで、それぞれの作家の歩んできた道程を浮かび上がらせると同時に、第二次世界大戦後の社会・文化の大きな変容のなかで、みずからの表現を力強く追求してきた熟年作家の、パワフルな創造力に改めてスポットを当てます。 写真(左から)=横尾忠則《歯みがき》1966年(東京都現代美術館蔵)、島田章三《ミナトヨコスカ》2009年、絹谷幸二《蒼に染まる想い(巡りくる時)》2008年
期間 2010年2月13日(土)~4月11日(日)
休館日 3月1日(月)、4月5日(月)*2月14日(日)は無料。
観覧料 一般800(640)円/高大生・65歳以上600(480)円
  *( )内は20名以上/前売料金*中学生以下・市内在住在学高校生無料*16時~観覧料半額のトワイライト割引(3/31まで)
主催
横須賀美術館
出品作家
相笠昌義、池口史子、石川忠一、井上悟、入江観、大津英敏、大沼映夫、岡本健彦、奥谷博、上條陽子、絹谷幸二、小杉小二郎、佐々木豊、佐藤かずこ、佐藤泰生、佐野ぬい、篠原有司男、島田鮎子、島田章三、田中淳、谷川晃一、豊島弘尚、野田弘志、林敬二、櫃田伸也、福本章、馬越陽子、森本草介、山本貞、横尾忠則、吉野谷幸重、渡辺恂三
図録・カタログ
 会期中、ミュージアムショップで販売