横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
1 過去の企画展へ戻る
 

花 ―美と生命のイメージ 展

 本展は、1920-30年代(大正・昭和戦前期)の近代日本美術における花の表現を軸に、その前後の時代を含む、約120点の花を描いた名品を通して、花をめぐる芸術家たちの思考の足跡をたどろうとするものです。
 花は、古くから、さまざまな図案や絵画の題材に用いられてきました。明治以降の日本でも、花をモチーフとしたさまざまな表現が生まれています。
 芸術家が、しばしば手がける花の写生。それは、多くの場合、単なる形の再現ではなく、いきいきした姿、いわば生気を捉えることに重点を置いて描かれます。そこには、芸術のなかに生命感を呼び込み、生と美とが重なり合う境地に到達しようとする、芸術家の意思すら感じられます。
 本展では、花をめぐる近現代の造形表現を生命と美への憧憬と捉え、近現代の日本の美術作品のなかから、花の写生と、そこから生み出された多彩なイメージの名品(40作家による約120点)を選りすぐってご紹介します。
 絵画のほか、工芸、図案、デザインなどさまざまなジャンルから、花にまつわる優れた表現を集めただけでなく、写生・素描・下絵や、科学と関わりの深い植物図譜なども取り上げています。身近で親しみやすい花というモチーフを軸に、美と生命のイメージを追求してきた近現代日本美術の、優れた成果を一堂にご覧いただける展覧会です。
期間 2009年4月11日(土)~5月31日(日)
休館日 5月11日(月)
観覧料 一般 800(640)円/高大生・65歳以上 600(480)円
  *( )内は20名以上の団体料金及び前売料金*中学生以下および市内在住在学の高校生は無料
金島桂華《芥子》<br>
紙本着色 1925年<br>
京都市美術館蔵 板谷波山《葆光彩磁チューリップ文花瓶》<br>
磁器 1917年頃<br>
石川県立美術館蔵 児島善三郎《花》<br>
油彩・キャンバス 1949年<br>
東京国立近代美術館蔵
金島桂華《芥子》
紙本着色 1925年
京都市美術館蔵
板谷波山《葆光彩磁チューリップ文花瓶》
磁器 1917年頃
石川県立美術館蔵
児島善三郎《花》
油彩・キャンバス 1949年
東京国立近代美術館蔵
主催
横須賀美術館