横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
113 過去の企画展に戻る
 

「ライオネル・ファイニンガー」展

―光の結晶

ドイツ系移民の子としてニューヨークに生まれたライオネル・ファイニンガー(1871-1956)は、音楽を学ぶためドイツに渡りますが、すぐに画家を志し美術を学び始めます。雑誌の挿絵や風刺画を描いた後、油彩を描き正統派画家として評価を得ると、1919年に造形学校「バウハウス」の設立に参加し1932年まで教授をつとめました。しかし、ナチスが政権を取ると「退廃芸術家」と見なされ、1937年ドイツを離れニューヨークに戻りました。
1910年頃のファイニンガーは、鮮やかな色彩を用い表現主義を思わせる作品を描いていましたが、キュビスムの影響を受けた後1920年代には幾何学的に分割した面に色を段階的に重ねることで光を透過するガラスのような硬質さと透明性をもつ作風へと移行しました。教会の塔や海辺に停泊する船、海浜の廃墟などドイツ・ロマン主義の画家達が好んだモティーフを近代的な造形理論に基づき描いた作品は、伝統的な絵画と前衛美術をつなぐものとして独自の位置を占めています。
本展覧会では初期から晩年に至る油彩、水彩、版画、素描、木工作品(玩具)約130点を展示し、ファイニンガーを日本ではじめて本格的に紹介します。
会期 平成20年8月2日(土)~10月5日(日)
8,9月は10:00~19:00(土曜日は20:00まで)
10月は10:00~18:00
休館日 8月4日、9月1日(毎月第一月曜)
観覧料 一般900(720)円、高大生、65歳以上700(560)円
  *( )内は前売及び20名以上の団体料金
*中学生以下および市内在住在学の高校生は無料
《町の上にそびえる教会》1927年、ドイツ銀行蔵 《海辺の廃墟》1930年、ニューヨーク近代美術館蔵 《夕暮れの海Ⅰ》1927年、愛知県美術館蔵
《町の上にそびえる教会》1927年、ドイツ銀行蔵
《海辺の廃墟》1930年、ニューヨーク近代美術館蔵
《夕暮れの海Ⅰ》1927年、愛知県美術館蔵
主催
横須賀美術館、東京新聞
図録など
 図録はミュージアムショップで販売中。
都合により、ポストカードの販売は現在停止しております。