横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
1 展覧会トップへ戻る
 

日本の木のイス

くつろぎのデザイン・かぞくの空間

《ピーコックチェア》、フランク・ロイド・ライト、1922年、博物館明治村蔵
《バタフライ・スツール》、柳宗理、1954年、東京国立近代美術館蔵
吉阪隆正《日仏会館のイス》1959年 個人蔵
剣持勇《丸椅子E-315-C》1960年 東京国立近代美術館蔵

 本展は、日本でデザイン・制作された「一人がけ」の住居用の木のイスを中心に、おもに1920年代から70年代のインテリアデザインの歴史と、その底流にある住まいをめぐる思想をひも解こうとするものです。近代以降の日本における“イスのある生活”を多彩な視点から捉えた、見どころいっぱいの展覧会です。

 また、本展では、横須賀ならではの視点を取り入れた、楽しい企画を用意しています。
横須賀で活躍する現代の家具作家、白倉祥充・藤澤耕一郎・神永匡崇 の作品に実際に座れる「体験コーナー」、三笠保存会が所蔵する、いかりマーク入り肘掛けイスの展示等、横須賀美術館ならではの展示も必見です。

期間 2013年2月9日(土)- 4月14日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 3月4日(月)、4月1日(月)
観覧料 一般800(640)円、高大生・65歳以上600(480)円
  *()内は20名以上の団体料金 *中学生以下および市内在住または在学の高校生は無料。
 
藤澤耕一郎《スツール》
白倉祥充《ARP LOUNGE》
神永匡崇《dining chair》
主催
横須賀美術館 読売新聞社 美術館連絡協議会
協賛
ライオン 清水建設 大日本印刷 損保ジャパン 日本テレビ放送網
関連事業

■公開インタビュー

「バタフライ・スツールの制作」
講師:天童木工×横須賀美術館
日時:3月9日(土) 14時~
参加方法:無料。当日直接会場にお越しください。

■出品作家によるワークショップ

「1/5スケールで作るミニチュア・イス」
講師:白倉祥充
日時:3月3日(日)14時~17時
対象:16歳以上(定員16名)             

「木のバターナイフをつくろう」
講師:神永匡崇
日時:3月10日(日)14時~17時
対象:16歳以上(定員16名)            

参加方法:事前申込み制。参加希望日、名前、住所、電話番号、年齢を記載のうえ、はがきかEメールでお申し込み下さい。1通につき2名様まで。2月16日(土)必着。
宛先=「イス展ワークショップ」係〒239-0813横須賀市鴨居4-1、または art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp

■親子のためのギャラリーツアー

「探検!イス・ワールド」
日時:3月30日(土)11時~12時
対象: 5組 年中から小学4年生*保護者の同伴をお願いいたします(観覧券が必要です)。
内容:当館学芸員による子どものためのギャラリーツアー。会話やクイズを楽しみながら、展覧会をまわります。最後に、ブランコ型のロッキングチェアで記念撮影!

参加方法:事前申込み制。名前、住所、電話番号、お子さまの年齢を記載のうえ、はがきかEメールでお申し込み下さい。1通につき4名様まで。3月15日(金)必着。
宛先=「イス展親子ツアー」係 〒239-0813横須賀市鴨居4-1、または art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp

ギャラリートーク

日時:2月9日(土)14時~
参加方法:無料。当日直接会場へお越しください(ただし、観覧券が必要です)。
参加された方には、藤澤耕一郎作、ブランコ型のロッキングチェアの座り心地を特別に体験していただきます。

2月12日(火)・3月8日(金)の13:30~16:00、および上記イベント開催時に託児サービスを実施します。対象は1歳~未就学児。利用日・保護者の氏名・住所・電話番号・託児を希望するお子さまの人数・年齢・性別をご記入の上、ハガキかEメールでお申込みください。締切りは各実施日の2週間前まで。
ただし、イベント開催時の託児は、各イベントの申込み時に、あわせてお申込みください。
定員(各日5名)に達した場合は抽選。詳細は利用決定後にご案内します。
託児に関しまして詳しくは、こちらをご覧ください。