横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
1 展覧会トップへ戻る
 
アメリカ美術を変えた日本人

国吉康雄展

 国吉康雄(1889-1953)は、20世紀前半のアメリカで活躍した日本人画家です。
 職を求めて渡ったアメリカで美術にめざめ、苦学の末にニューヨークの美術界で成功を掴んだ人物として知られます。そのドラマティックな人生は、近年ますます関心を集め、映画化が計画されるほどです。
 本展では、国吉作品の収集で世界最大の福武コレクションの協力に加え、岡山県立美術館、東京国立近代美術館、東京都現代美術館の所蔵作品もあわせた全110余点を通して、アメリカ美術の一時代を切り開いた国吉康雄の足跡を振り返ります。

期間 2012年4月28日(土)~7月8日(日)
休館日 5月7日(月)、6月4日(月)、7月2日(月)
観覧料 一般 800(640)円/高大生・65歳以上 600(480)円/中学生以下無料
  *( )内は20名以上の団体料金*中学生以下無料および市内在住または在学の高校生は無料。
《鯉のぼり》1950年、福武コレクション
《鯉のぼり》1950年、福武コレクション
《カーテンを引く子供》1922年、岡山県立美術館蔵 《毛皮の女》1930年、横須賀美術館蔵 《逆さのテーブルとマスク》1940年、福武コレクション
《カーテンを引く子供》1922年、岡山県立美術館蔵 《毛皮の女》1930年、横須賀美術館蔵 《逆さのテーブルとマスク》1940年、福武コレクション
 
→ 出展作品リスト(295KB)
関連事業

参加方法・詳細につきましてはイベント情報をご覧ください。

■クイズでクニヨシ! 子どもセルフガイドをプレゼント
実施期間:2012年4月28日~5月6日
対象:国吉康雄展をご覧になる小学生以下のお子さま
子どもたちに楽しみながら国吉康雄展をご覧いただけるよう、クイズ形式のセルフガイドをご用意いたしました。
また、すべてのクイズに答えた方にはジグソーパスルをプレゼントします。(なくなり次第終了)

■脚本家と映画監督が語る
「画家ヤスオ・クニヨシの生涯
  ―ふたつの国のはざまで、画家は何を思い、何を描いたのか?―」
日時:2012年5月19日(土) 14:00~ 
場所:横須賀美術館ワークショップ室 
定員:先着70名 *当日、直接会場へ
現在進行中の、国吉康雄の映画化にちなみ、脚本家・丸内敏治氏と監督・五十嵐匠氏が対談。

■親子でたのしむ展覧会ツアー
日時:5月27日(日)、6月3日(日) 各日11~12時
対象:4歳~小学4年生のこどもとその保護者
定員:各回親子5組 *事前申込制(5月18日締切)
参加費:無料 *ただし保護者は観覧券が必要。

■ワークショップ「挑戦!英語で美術鑑賞」
日時:2012年5月20日(日) 第1回10:30~/第2回14:00~(2回とも同じ内容)
場所:横須賀美術館ワークショップ室
対象:中学校卒業程度の英語力のある方
定員:各抽選15名 *事前申込制(5月12日締切)
モデレーター:ブライアン・アムスタッツ(翻訳家)
参加費:無料 *ただし観覧券が必要

ギャラリートーク
 学芸員によるギャラリートーク
  4月28日(土)、5月12日(土)、6月16日(土)いずれも13時~
  参加無料(ただし観覧券が必要です)

主催
横須賀美術館
特別協力
福武總一郎、岡山県立美術館
図録・カタログ