横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
113 過去の企画展へ戻る
 

「澁澤龍彦 幻想美術館」展

作家・批評家でありフランス文学者、そして美術エッセーでも大きな足跡をのこした澁澤龍彦(1928~1987)の没後20年を記念する展覧会を開催いたします。
豊かな知識を生かしながら、独自の好みと美意識にもとづく自由な芸術論やエッセーを発表し、従来の美術史にとらわれない新しい美術の見方を体現した澁澤龍彦は、日本の文化・芸術に大きな影響を与え、今もなお人々を魅了し続けています。
本展では、澁澤龍彦が好んだ古今東西の幻想美術家約80人の250点に及ぶ作品とともに、著作・資料・遺品・蒐集品など約50点を通して、60年代以後の日本の新しい文化と芸術をリードし、日本人の美意識にひとつの変革をもたらした澁澤龍彦とは誰だったのか、私たちは澁澤龍彦から何を得てきたのか、そして澁澤龍彦が生きた昭和とはどんな時代だったのかを併せて概観していきます。
会期 2007年10月6日(土)~11月11日(日) 10:00~18:00
休館日 11月5日(月)
観覧料 一般800(640)円、高大生・65歳以上600(480)円
  *中学生以下無料
*( )内は前売及び20名以上の団体料金
*市内在住在学の高校生は無料
細江英公《澁澤龍彦》(「知人の肖像」より)1965/94年 作家蔵 オディロン・ルドン《花》1905-10年頃 岐阜県美術館蔵 酒井抱一《秋七草》制作年不詳 個人蔵
細江英公《澁澤龍彦》(「知人の肖像」より)1965/94年 作家蔵
オディロン・ルドン《花》1905-10年頃 岐阜県美術館蔵
酒井抱一《秋七草》制作年不詳 個人蔵
アタナシウス・キルヒャー『シナ図説』1667年刊(初版) 町田市立国際版画美術館蔵 澁澤龍彦《『高丘親王航海記』自筆原稿》1987年 澁澤家蔵 四谷シモン《天使-澁澤龍彦に捧ぐ》1988年 青木画廊蔵 撮影:篠山紀信
アタナシウス・キルヒャー『シナ図説』1667年刊(初版) 町田市立国際版画美術館蔵
澁澤龍彦《『高丘親王航海記』自筆原稿》1987年 澁澤家蔵
四谷シモン《天使-澁澤龍彦に捧ぐ》1988年 青木画廊蔵 撮影:篠山紀信
主催
横須賀美術館
監修
巖谷國士
企画協力/協力
株式会社アートプランニング レイ/澁澤龍子、平凡社、河出書房新社
お問い合わせ
横須賀市鴨居4-1 横須賀美術館
tel:046-845-1211(代)
e-mail:ma-bes@city.yokosuka.kanagawa.jp
図録
 『澁澤龍彦 幻想美術館』(監修・巖谷國士) 会期中ミュージアムショップにて販売(¥2,700)
→ 出展作家リスト/出展作品リスト
関連企画
講演会「澁澤龍彦航海記」+図録サイン会