横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去の企画展へ戻る
 

「アルフレッド・ウォリス」展

海に生きた素朴画家

 アルフレッド・ウォリス(1855~1942)は、イギリス、コーンウォールの港町、セント・アイヴスで船具商を営み、七十歳になってから独学で絵を描き始めた異色の画家です。 その登場のきっかけは、1928年、セント・アイヴスを訪れた画家ベン・ニコルソン、クリストファー・ウッドが偶然ウォリスの家の前を通りかかり、壁に掛かった彼の絵を目にしたことによります。その作品は、船乗り、船具商としての前半生を反映するように、荒海を航行する帆船や、汽船、灯台、セント・アイヴスの港や街の情景などを、ボール紙の切れ端や板に船舶用のペンキや油彩で描いたもので、現代の美術が失った素朴な味わいに満ちています。ウォリスのイギリス美術界への登場は衝撃的で、ニコルソン、ウッドは一時期ウォリスに影響されプリミティヴな風景画を描いていたほどです。 本国では高く評価されているウォリスの画業ですが、わが国では「芸術と素朴」展(世田谷美術館、1986年)、「セント・アイヴス」展(世田谷美術館、神奈川県立近代美術館ほか、1989年)においてその一部が紹介されたに過ぎません。本展は、ウォリスの絵画・素描80点余り、ウォリスを発見したニコルソンとウッドの作品10点、および関連資料により、その生涯と芸術の全体像をご覧頂きます。
会期 平成19年7月28日(土)~9月17日(月・祝) 10:00~19:00(土曜は20:00まで開館
休館日 毎月第1月曜日(8月6日、9月3日)
観覧料 一般900(720)円、高大生・65歳以上700(560)円 
  中学生以下、市内在住在学の高校生は無料。( )内は前売及び20名以上の団体料金。
《セント・アイヴス港、ヘイル湾、ゴドリヴィーと漁船》1932-34年頃、個人蔵 《青い船》1934年頃、テート・ブリテン蔵 《家とめんどりと船》制作年不詳、個人蔵
《セント・アイヴス港、ヘイル湾、ゴドリヴィーと漁船》1932-34年頃、個人蔵
《青い船》1934年頃、テート・ブリテン蔵
《家とめんどりと船》制作年不詳、個人蔵
《スクーナー、救命ボート、汽船と6隻の帆船》制作年不詳、個人蔵 《スクーナーのピアタ号、ペンザンス、マウント湾とニューリン港》制作年不詳、個人蔵 《入り江の近くの大きな家》制作年不詳、個人蔵
《スクーナー、救命ボート、汽船と6隻の帆船》制作年不詳、個人蔵
《スクーナーのピアタ号、ペンザンス、マウント湾とニューリン港》制作年不詳、個人蔵
《入り江の近くの大きな家》制作年不詳、個人蔵
《彩色されたふいご》1933-37年頃、個人蔵 ベン・ニコルソン《カンバーランドの風景》1930年、世田谷美術館蔵 クリストファー・ウッド《停泊中の船》1928年、ケンブリッジ大学 ケトルズ・ヤード蔵
《彩色されたふいご》1933-37年頃、個人蔵
ベン・ニコルソン《カンバーランドの風景》1930年、世田谷美術館蔵
クリストファー・ウッド《停泊中の船》1928年、ケンブリッジ大学 ケトルズ・ヤード蔵
主催
横須賀美術館、東京新聞
後援
ブリティッシュ・カウンシル
協賛
株式会社資生堂
→ 出展作家リスト/出展作品リスト
お問い合わせ
神奈川県横須賀市鴨居4-1 横須賀美術館 ℡046-845-1211(代表),046-845-1212(学芸) ma-bes@city.yokosuka.kanagawa.jp
図録・カタログ
 会期中、ミュージアムショップで販売(1800円)
関連企画
気分は船乗り!船を作るよ
講演会「なぜ、アルフレッド・ウォリスか? 船乗りだった画家」