横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 

横須賀ゆかりの友禅作家 中村光哉展

                 

《好日》1989(平成元)年
  横須賀美術館蔵

《残照》1989(平成元)年
  横須賀美術館蔵

横須賀の港の風景を友禅の技法で表現した、染色作家・中村光哉(1922-2002)。高度な技術に裏打ちされた彼の作品は、優美かつ大胆なデザインと独特な色彩感覚によって、見る者に強い印象を残します。
中村光哉は、後に友禅の重要無形文化財保持者(人間国宝)となる中村勝馬の長男として、東京に生まれました。東京美術学校日本画科を卒業後は、友禅の因襲から意図的に離れ、ろう染めによる黒を基調とした作品を制作しました。この「黒の時代」と呼ばれる頃に、中村は楽器や遊園地といった染色には珍しいモチーフを取り上げながら、独自の画面構成を追及しています。
そうして、ろう染めによって評価を得た中村でしたが、1980年頃を境に、技法を友禅へと転換します。1984年に横須賀市西部の、海をのぞむ高台に住居を移したことによって、モチーフも大きく変化しました。横須賀で制作された、海や港をモチーフとした友禅によって、中村光哉は新境地をひらくことになります。
本展では、横須賀や三浦を描いた友禅にくわえて、水戸市立博物館や東京国立近代美術館などが所蔵するろう染め作品など、約80点の屏風やパネルを通して、色あせないモダンな中村光哉の世界をご紹介します。

                 

《楽器》1955(昭和30)年
  水戸市立博物館蔵  

《波と雲》1980(昭和55)年
   水戸市立博物館蔵

期間 2017年2月11日(土・祝)- 4月16日(日)
*2月12日(日)は無料観覧日です。
*会期中に一部展示替えを行います。

→ 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 3月6日(月)、4月3日(月)
観覧料 一般800(640)円、高大生・65歳以上600(480)円、中学生以下無料
 

*()内は20名以上の団体料金 
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料 
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料
*前売り券は美術館受付、横須賀芸術劇場チケットセンター(横須賀芸術劇場1階、横須賀中央駅モアーズシティ1階)でお求めになれます。

 

≪きもの特典≫
会期中、お着物で観覧された方に
中村光哉展の絵ハガキ2枚セットをプレゼントいたします(なくなり次第、終了)。
お誘い合わせの上、ぜひご来館ください。
そのほか関連事業はイベント情報をご覧ください。

主催       横須賀美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
共催       ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

中村光哉展タイアップメニュー

中村光哉展の会期中、下記の店舗で企画展とタイアップしたメニューをご用意しています。展覧会とあわせて、ぜひお楽しみください♪
レストラン・アクアマーレ(美術館内)
  佐島・横須賀西海岸の魚介を使ったアンティパストミスト(前菜盛合せ)
  料金 1,000円(単品:税込) ★期間中、ランチコースの前菜としてもご提供
  お問い合わせ先 046-845-1260(レストラン直通)
観音崎京急ホテル(美術館向かい)
 1.レストラン「ル・ボ・リバージュ」
  中村光哉の世界を味わうランチコース
  料金 5,000円(サービス料込税別)
  中村光哉展の観覧券半券提示で、1ドリンクサービス
 2.ティー&カクテルラウンジ
  横須賀の魚介をたっぷり使ったブイヤベースセット 
  料金 1,980円(サービス料込税別)
  中村光哉展の観覧券半券提示で、SPASSOの半額券プレゼント
  ケーキが通常料金の半額
  お問い合わせ先 046-844-9080(レストラン直通)