横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 
横須賀製鉄所(造船所)創設150周年記念事業

浮世絵にみるモダン横須賀&神奈川-斎藤コレクションから

二代歌川豊国《名所八景 金沢帰帆 従瀬戸橋野嶋之図》1833(天保4)年頃 斎藤コレクション

歌川広重《日本湊尽 相州浦賀》1840-42(天保11-13)年頃
斎藤コレクション

小林清親《日本名勝図会 観音崎》1889(明治22)年
斎藤コレクション

*すべて前期展示予定です

 江戸時代、現在の神奈川県には、多くの名所がありました。「冨嶽三十六景」「東海道五十三次」などの浮世絵にも、それらの景勝地がたびたび登場しています。
近代に入ると、神奈川のイメージは、また別なかたちで注目されるようになりました。1853(嘉永6)年、浦賀へのペリー来航、それにつづく横浜の開港によって、新奇なものにあふれた街は再び浮世絵の題材となります。また、1865(慶応元)年、幕府が、横浜、横須賀の二箇所で製鉄所建設に着手したことから、賑わいや華やぎだけでない近代化の最先端の街としての神奈川の発展も、浮世絵の中に刻まれることとなりました。

 横須賀製鉄所(造船所)創設150周年を記念して開催される本展は、日本の近代化の窓口として発展する横須賀および神奈川と、それ以前、景勝地として親しまれた江戸時代の神奈川、その両方の姿を、日本有数の浮世絵蒐集家としてられる斎藤文夫氏のコレクションから選りすぐった約250点により、ご紹介するものです。

■お得な年間パスポートでお楽しみください■
前後期でほぼ全作品を展示替えします。
前期・後期、それぞれにお越しいただき、全ての作品をお楽しみください。

2回以上ご観覧のお客様にはお得な年間パスポートをお勧めします。
パスポートは会期中、一般850円・高大生・65歳以上650円で販売いたします。


「浮世絵にみるモダン横須賀&神奈川-斎藤コレクションから」から、2016年2月6日より開催の企画展「嶋田しづ・磯見輝夫展」が観覧できます。 また「所蔵品展」「谷内六郎館」も展示替えを行いますので、2016年4月10日の期限まで何度でも展覧会をお楽しみいただけます。
期間 2015年11月14日(土)~12月23日(水・祝)
 前期=11月14日(土)~12月6日(日)
 後期=12月8日(火)~12月23日(水・祝)
 *前後期でほぼ全作品を展示替えします。
→ 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 12月7日(月)
観覧料 一般800(640)円、高大・65歳以上600(480)円、中学生以下無料
  *()内は20名以上の団体料金 *市内在住または在学の高校生は無料 *身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料
 
 

作者不詳、瓦版《合衆国人物蒸気船図絵》1854(嘉永7)年頃
斎藤コレクション

歌川芳員《合衆国人物蒸気船 長四十間巾六間》1861(文久元)年 斎藤コレクション

主催 横須賀美術館
協力 公益社団法人 川崎・砂子の里資料館