横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 

没後10年「長新太の脳内地図」展

《がんばれさるのさらんくん》 (福音館書店より)1958年
宮城県美術館蔵

《おしゃべりなたまごやき》 (福音館書店より)1972年
宮城県美術館蔵

《ごろごろにゃーん》
(福音館書店より)1976年
宮城県美術館蔵

出品目録

ナンセンスな絵本で子どもも大人も骨抜きにしてしまう絵本作家・長新太とはいったい何者だったのか? 没後10年、初期から晩年まで約300点の原画によってその脳内を探る展覧会。

 長新太(ちょう・しんた)は、1949年にマンガ家としてデビューした後、2005年に亡くなるまで漫画家、イラストレーター、エッセイスト、絵本画家として八面六臂の活躍をしました。とりわけ絵本の世界に「ナンセンス」の分野を切り開いたといわれる児童向け絵本の仕事は高く評価され、現在も世代を超えて多くの人々に愛されています。
 本展は、絵本や子どもの本の原画のほか、大人向けに発表された漫画やイラストレーション、エッセイなどを10のテーマに分け、「イマジネーション」、「センスとナンセンス」の2部構成で紹介し、長新太の柔軟で斬新な発想の源を改めて探っていこうというものです。約300点にのぼる作品をとおして、迷宮のように広がる奇想天外な長新太の脳内にご案内します。

 なお、絵本作家として初期の作品となる『がんばれさるのさらんくん』(1958年)や、ページを繰るごとにがらりと変化する色調が美しくも楽しい『三びきのライオンのこ』(1961年)、ナンセンス絵本の傑作『ごろごろにゃーん』や、最晩年の作品『ころころにゃーん』など、当館でのみ出品される作品もあるので、この機会をぜひお見逃しなく。

期間 2015年9月12日(土)~11月3日(祝・火)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 10月5日(月)、11月2日(月)
観覧料 一般800(640)円、高大・65歳以上600(480)円
  *()内は20名以上の団体料金 *市内在住または在学の高校生は無料 *身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料
 
展覧会のみどころ
1. あの絵本の原画作品が!幼稚園や保育園、そして図書室で、きっと出会ったことがあるあの絵本の原画がご覧になれます。
2. 貴重な遺品も併せて展示!未発表のダミー本や、ご自宅に遺された身のまわりの品々も展示します。
3. 300点以上の作品が一堂に!出品作品は300点以上。巡回館のなかで最も多い作品をご覧になれます。

《キャベツくんのにちようび》 (文研出版より)1992年 ちひろ美術館寄託

《キャベツくんのにちようび》(文研出版より)1992年 ちひろ美術館寄託

《はなねこさん》 (ポプラ社より)2002年 
ちひろ美術館寄託

主催 横須賀美術館、NHKプロモーション
企画協力 ちひろ美術館、刈谷市美術館
特別協力 宮城県美術館
制作協力 NHKプラネット中部

協力

あかね書房、絵本館、偕成社、教育画劇、クレヨンハウス、佼成出版社、講談社、こぐま社、小学館、童心社、徳間書店、BL出版、ビリケン出版、福音館書店、復刊ドットコム、文渓堂、文研出版、ポプラ社、理論社
後援 絵本学会、子どもの本WAVE、(公社)全国学校図書館協議会、(一社)日本国際児童図書評議会、日本児童図書出版協会、(公社)日本図書館協会