横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 

ウルトラマン創世紀展

―ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ―
 

ゴモラ(頭部)

ウルトラセブン マスク

国産特撮テレビ作品の草分けであり、現在まで不動の人気を誇る「ウルトラマンシリーズ」。実際に撮影に使われた小道具などの貴重な資料を通じて、若い制作者たちの情熱と、昭和の子ども文化を紹介します。

特撮の神様と呼ばれた円谷英二のもとに、若い脚本家、監督、特撮スタッフ、芸術家が集い、情熱を注いで、ウルトラマンを誕生させたのは1966(昭和41)年のこと。およそ半世紀を経た現在まで、その映像は多くの人々の心を捉え続けています。
娯楽の中心が映画から新たに登場したテレビへと移り、さらにテレビの黄金期を迎える戦後日本において、ウルトラマンを生み育てた制作現場では、熱き思いとともに様々な挑戦が繰り広げられ、時代の要請に応えて変化を遂げてきました。
さらに、子どもを対象とした雑誌やおもちゃなどの産業が隆盛をきわめる中、商業デザインの世界で、ウルトラマンは多くの若手画家らの活躍の場となりました。

本展覧会では、その原点であるウルトラQ(1966年)の誕生から、ウルトラマン80(1980年)までのウルトラマンシリーズ8作品をとりあげ、その人気の秘密を、送り手である制作側の情熱と、受け手である子どもを取り巻く文化の両面から探ります。

期間 平成27年6月27日(土)~8月30日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 7月6日(月)、8月3日(月)
観覧料 一般1000(800)円、高大・65歳以上800(640)円、中学生以下無料
  *()内は20名以上の団体料金 *市内在住または在学の高校生は無料 *身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料 インターネット割引券
 
ウルトラセブン
撮影風景
ペギラを制作する
高山良策
《マッキー秘密基地》 箱画
小松崎茂/画
主催 横須賀美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
特別協力 円谷プロダクション
特別展示協力 西村祐次(M1号)
コーディネート 桜井浩子(円谷プロダクション)
協賛 ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
企画制作

ワンエイトクリエーション、MIMOseele