横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 

第4期所蔵品展
特別展示:「仏像と墨画
      令和2年度の横須賀市新指定重要文化財」



長島雪操《墨梅図》
1892年、135.5×65.5cm、
個人蔵

《銅造観音菩薩
立像》
像高30.4㎝、浄土寺蔵

《銅造観音菩薩立像》(部分)

 横須賀市では、地域の歴史を伝える貴重な文化財のうち特に貴重なものを重要文化財として指定し、その保護に努めてきました。有形文化財だけでもその数は70余点に及び、公開を求める声も高まっています。
そこで、このたび横須賀美術館では、令和2年度に新たに市の重要文化財として指定された2点の文化財を紹介する特別展示を開催いたします。地域に伝わる大切な文化財を間近に見られる、たいへん貴重な機会です。ぜひご覧ください。

期間 2021年12月18日(土)~2022年4月3日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 12月29日(水)~1月3日(月)、1月11日(火)、
2月7日(月)、3月7日(月)
観覧料 一般380円(300円)、大学生・65歳以上280円(220円)
  *高校生以下無料
  *団体料金など詳細は利用案内の「観覧料」をご覧ください
  *身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料