横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 

第4期所蔵品展
特集:横須賀市立横須賀総合高校 美術活動の歩み



中村結衣《戦闘準備》
   2012年
(神奈川県高等学校
美術展教育長賞受賞)

入澤友香《どんな私が見える》
   2015年
(全日本学生美術展)

高橋奈々《思春期》
   2019年
(神奈川県高等学校
美術展高文連会長賞)



安部穂香《自画像
~そのプロセス》
   2012年
(高校生国際美術展
実行委員会委員長賞)

三堀朋香《生きている》
   2016年
(神奈川県高等学校
美術展高文連会長賞)

澤村花菜《あした勝つ》
2006年(全日本学生美術展)

 横須賀市立横須賀総合高等学校は、美術部の活動を中心として、絵画制作をはじめとする造形活動に積極的に取り組み、多くの公募展やコンクールで目覚ましい成果を上げてきました。近年は、横須賀市議会内の「羅針の小径」など、市内での作品展示にも力を入れています。
 これらの作品をもっと多く見てみたいという声が高まる中、横須賀美術館では、卒業生を含む同校美術部部員の優秀作が一堂に会する場を設けることとしました。15年以上にわたる同校の美術活動の全貌を、歴代の生徒約90人が制作した選りすぐりの150点あまりを通してご紹介します。

期間 2021年12月18日(土)~2022年4月3日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 12月29日(水)~1月3日(月)、1月11日(火)、
2月7日(月)、3月7日(月)
観覧料 一般380円(300円)、大学生・65歳以上280円(220円)
  *高校生以下無料
  *団体料金など詳細は利用案内の「観覧料」をご覧ください
  *身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料
主催 横須賀美術館、横須賀市教育委員会
後援 神奈川県教育委員会
協力 横須賀市立横須賀総合高等学校
協賛 一般財団法人シティサポートよこすか