横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 

平成29年度 第2期所蔵品展
特集:ボランティアが選んだ朝井閑右衛門

朝井閑右衛門《ドン・キホーテ》
制作年不詳

鹿子木孟郎《潮の岬焼景》
1924年頃

第2期所蔵品展・展示室4では、開館10周年を記念し、横須賀美術館のギャラリートークボランティアが選んだ、朝井閑右衛門の作品を展示します。 また、展示室5では、企画展「美術でめぐる日本の海」にちなんで、所蔵品のなかから日本の海を描いた作品をご紹介します。 横須賀市では、美術館開館に先立つ1985年から美術作品の収集を開始し、現在は、近現代の日本美術を中心に約5000点の美術作品を所蔵しています。横須賀が海に囲まれた街であることから、収集方針の一つとして、海をテーマとした優れた美術作品を集めると定めています。今回は、このなかから、日本の海を描いた作品を選りすぐってご紹介します。

期間 2017年7月15日(土)~10月1日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 8月7日(月)、9月4日(月)
観覧料 一般310(250)円、高・大・65歳以上210(160)円
  *谷内六郎館も観覧できます。*()内は20名以上の団体料金
※以下の方は所蔵品展、谷内六郎館および企画展がすべて無料です。
・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様
 中学生以下、高校生(市内在住または在学に限る)。
→ 出品目録