横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 

平成25年度 第2期所蔵品展

及川正通『ぴあ』表紙イラスト、2000年 及川正通『ぴあ』表紙イラスト、1982年 及川正通『ぴあ』最終号、2011年

高橋由一《相州江之島図》1875年

靉嘔《クレーンと人》1954年

川端実《門のイメージ 濃紫》1985年

 横須賀美術館では、年に4回の所蔵品展を通じて、所蔵する日本の近代・現代の美術作品や、横須賀ゆかりの作家の作品などをご紹介しています。

 回廊の途中にある展示室では、それぞれテーマを設けて展示しています。
「展示室4」では、横須賀市内の田浦に住んでいた画家、朝井(あさい)閑右衛門(かんえもん)の作品を紹介しています。今回の展示では、「戦前の朝井閑右衛門」と題し、油彩に加え、初公開のデッサンを展示いたします。また関連資料として、戦前の活動を示す貴重な資料や雑誌をご紹介します。「展示室5」では、横須賀出身の画家、滝波重人と版画家、藤田修の作品を展示いたします。「展示室6」では知られざる画家、四谷十三雄のデッサンを初公開いたします。
「展示室7」では、嶋田しづの版画をご覧いただきます。

期間 2013年6月29日(土)~10月20日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 7月1日(月)、8月5日(月)、9月2日(月)、10月7日
観覧料 一般300(240)円、高・大・65歳以上200(160)円
  *谷内六郎館も観覧できます。*()内は20名以上の団体料金
*中学生以下無料、および市内在住または在学の高校生は無料。