横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
 
1 展覧会トップへ戻る
 

ヨコスカ-TOKYO-ぴあ

及川正通イラストレーションの世界

及川正通『ぴあ』表紙イラスト、2000年 及川正通『ぴあ』表紙イラスト、1982年 及川正通『ぴあ』最終号、2011年
『ぴあ』表紙イラスト、
2000年
『ぴあ』表紙イラスト、
1982年
『ぴあ』最終号、2011年

 横須賀美術館では、開館5周年にあたる2012年の秋に、横須賀育ちのイラストレーター及川正通(1939~)を紹介する特別展示を行います。

及川氏は、横須賀の百貨店でデザイナーとしてのキャリアをスタートさせたのち、1975年から、情報誌『ぴあ』の表紙を担当。時代の顔を独自の視点で切り取った人物イラストは、2011年の休刊まで続き、その数は1300点以上にのぼります。おなじみのユーモラスな表紙イラストとともに、青春の思い出を呼び覚ます方も、きっと多いのではないでしょうか。 

  本展では、36年に及ぶ『ぴあ』表紙イラストから選りすぐった約200点―E.T、インディージョーンズといった、なつかしの映画キャラクターや、AKB48など―とともに、それぞれの時代の世相や流行を振り返ります。また、横須賀時代のデザイン作品をはじめとする貴重な初期作品を特別にご紹介。さらに、そのキャリアの集大成として取り組んでいる「街」をテーマにしたシリーズから、新作「ヨコスカ」も初公開し、及川氏の60年近くに及ぶ歩みに光を当てます。
期間 2012年9月29日(土)~12月16日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 10月1日(月)、11月5日(月)、12月3日(月)
観覧料 一般300(240)円、高・大・65歳以上200(160)円、中学生以下無料
  *()内は20名以上の団体料金 *中学生以下無料および市内在住または在学の高校生は無料。
梅原龍三郎《高峰秀子像》1975年、油彩・厚紙、世田谷美術館蔵 山村耕花《少女》1935年、絹本着色、横浜美術館蔵(山村行輝氏寄贈)
及川正通ポートレート
『ぴあ』最終号、2011年
主催 横須賀美術館
協力 ぴあ株式会社