横須賀美術館 YOKOSUKA MUSEUM OF ART
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミュージアムショップレストラン
ライブカメラ
2 展覧会トップへ戻る
 

「所蔵品」展

特集・嶋田しづ

所蔵品の中から、特集として嶋田しづ(1923-)の作品を展示いたします。

逗子在住の画家、嶋田しづは、女子美術専門学校(現・女子美術大学)師範科油絵科を卒業後、早稲田大学文学部で會津八一に師事し東洋美術史を学んだ異色の経歴の持ち主です。二紀会で三年連続受賞の後、1958年から約20年間パリで制作を続け、自由な形態と豊かな色彩を用いた生命感あふれる作品を発表。サロン・ドートンヌ、サロン・ド・メなどで高い評価を受け、画家としての地位を確立しました。1978年に帰国後は逗子にアトリエを構え、美術団体に属することなく個展を中心に作品を発表し現在も活躍を続けています。作品は「抽象絵画」に分類されますが、画面に広がる鮮やかな色とかたちは決して感覚に流れることなく、エスプリに満ち、宇宙空間を思わせるスケール感で見る者を包み込みます。嶋田しづの豊穣な絵画世界を是非ご覧ください。
※6月1日(月)に一部展示替を行います。

期間 2009年4月18日(土)~7月5日(日)
 → 開館時間についてはスケジュールをご覧下さい
休館日 5月11日(月)、6月1日(月)
《オリゾン・ヴェール》1993年 《地平線のかなた》1978年 《行進歌・遥かなる大地より》1998年
《オリゾン・ヴェール》1993年
《地平線のかなた》1978年
《行進歌・遥かなる大地より》1998年
関連情報
 4月6日~25日、ギャルリー東京ユマニテにて、嶋田しづ氏の個展が開催されます。詳しくはギャラリーHPをご覧下さい。
http://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html