ばらりん様

須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

横須賀美術館

2011年1月27日 <母>

 今全国に、展示だけでなくその立地や環境、建物まで含めて素晴らしい
 美術館がたくさんあります。
 ここ横須賀美術館もその一つで、ずっと行きたいと思っていた所です。

 傾斜地に建っていて、裏側から入ると1階に見える所はなんと屋上です。



 この開放感!東京湾や房総半島が一望のもとです。
 去年春に行った瀬戸内海のアートの島、直島を彷彿とさせます。
 ガラス張りのペントハウス内は暖かく、冬でも雨の日でもOK。




 ペントハウスのガラスがフィルター効果で、フォギーな写真になりました。
 絵の様ですが動く物があります。それは船、それは雲。
 船はゆっくり進み、雲は意外な早さで形を変えます。

 もう一つ動くもの、日の光。
 それはゆるぎない正確さで動き、全ての物の陰影を動かしていく。
 全ての動く物を1枚の写真の中に止める。
 そんな事を考えさせる場所でした。




 横須賀美術館、まだまだ続きます。

横須賀美術館 夕暮れて

2011年1月23日 <母>

 美術館をゆっくり鑑賞していると外はもう夕闇迫っていました。
 この通路の両側は吹き抜けになっていて、下の階の展示場は
 とても高い天井になっているのです。

 心地よい贅沢感を味わえる所です。




 外から見たレストラン、そろそろディナーの時間です。
 今回は行けませんでしたが、海をながめての食事は地産地消のメニューで。




 引いて撮ってみました。
 前庭は広い芝生広場。